【夫はモラハラ?】「惣菜一切ダメ」「外食イヤ」俺様気質の夫にモヤモヤ。こっちは妊娠中なんだから、お皿くらい片付けてほしい!

#趣味 
ご飯作りたてじゃないじゃん


家事の分担や性格の不一致、浮気や育児の問題など、夫婦間のお悩みはさまざま。
夫婦の数だけ悩みはありますが、そのうちのひとつが「モラハラ」。言葉や態度で相手の尊厳を傷つけたり、精神的な暴力をふるうことをモラルハラスメントと呼びます。

「夫にモラハラ的な発言をされたことはありますか?」と質問したところ、「ある」と回答した人が36.5%、「ない」と回答した人が63.5%でした。およそ3人にひとりの人が、夫からモラハラ発言を受けたことがあるという結果になりました。
(2021/5/21~30アンケート実施。回答者826人のうち「女性・既婚者(離婚経験者含む)」の595人の回答を抽出)

今日は、毒島麗子さんがInstagramで公開し多くの読者を釘付けにした、壮絶ノンフィクション体験記『臨月で浮気されました』から、モラハラ気質な夫のエピソードをお届けいたします。
「惣菜一切ダメ」「外食イヤ」「ご飯作りたてじゃないじゃん」など、要求だけは多いのに、まったく手伝ってくれる素振りもない、麗子さんの夫の様子を見ていきましょう。

ちゃんと揚げたてで出してね

男は稼いで女は家の事をする そういうものだと思っていた

そんな結婚5年目のある日

これからは幸せでいっぱい…

変わるわけじゃないか…

とにかく必死だった


妊娠中の体でありながら週5で仕事をこなし、家事も買い出しもすべて自分で行っていた麗子さん。
気遣ってもくれない夫の背中を見ながら、「お皿くらい片付けてほしい…」と思ったそうです。
ただでさえ不安定な妊娠中に、本来一番気にかけてほしい相手にそんな態度を取られるなんて、精神的にも負担が大きかったのではないでしょうか。
もしあなたの友達が麗子さんの立場なら、あなたならなんとアドバイスしますか?


※本記事は毒島 麗子、シク著の書籍『臨月で浮気されました』から一部抜粋・編集しました。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)