お参りでいつも考える。生まれる前に空に帰った子どもと、亡き妻は会うことができただろうか/私がシングルファザーになった日(11)

#くらし 
子どもを楽しみにしていた妻

『私がシングルファザーになった日』 11話


生活が一変したあの日から、私はシングルファザーになりました。

それは突然の出来事。8月のある日、りゅーちゃんねるさんはドンッ…という大きな音で目を覚ましました。音の方を向くとベッドで隣に寝ていたはずの奥さんの姿が見えず、慌てて飛び起き彼女の様子を見ると意識がなく、その表情はとても苦しそうで…そして、りゅーちゃんねるさんの生活はその日から一変したといいます。

 ある日突然意識不明で妻が倒れた


りゅーちゃんねるさんは病院の集中治療室に通い、目を覚まさない妻のえいこさんを見守りながら、まだ彼女が元気だった頃のことを思い出していました。

結婚して5年目に不妊治療を決断、そして妊活して2年目に、えいこさんは待ちに待った妊娠をします。夫婦で喜んだのもつかの間、残念ながらそれが子宮外妊娠だったことを医師から告げられます。えいこさんは自分の誕生日に、手術でお腹の中の子を外に出すことになっていました…。


看護師の義姉はずっと妻についていてくれた

2度目の流産で泣きながら吐いた

どれだけ心強かったか

次ページ:ワンピースを着た観音様(2/3)

この記事に共感したら

Information

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //