リモートワーク増で自然豊かな住環境の選択も!オープンエアリビングやメゾネットなど多彩なレジデンスに興味津々

#くらし 
自然豊かなで便利な住環境

最近私の周りで、通学・通勤状況の変化によって、新たにマンションや一軒家を買って転居する家族が増えています。わが家も子供が中学生、小学生になったことで手狭になり、よい物件があれば…と考えるようになりました。

そんなときに、素敵なレジデンスを発見!練馬の“ぬくいの森緑地”のすぐ北側に誕生する「ヴェレーナ練馬ぬくいの森」です。モデルルームがオープンしているそうで、詳しく調べてみました。


光と風を感じる豊かな暮らしが叶う「ヴェレーナ練馬ぬくいの森」

大和地所レジデンス株式会社が手掛け、東京都練馬区貫井4丁目の“ぬくいの森緑地”すぐ北側に2023年夏に誕生予定の「ヴェレーナ練馬ぬくいの森」。

魅力的な自然豊かな立地

“ぬくいの森緑地”そばということで、その自然豊かな立地も魅力ですし、それを満喫できるような多彩なルームプランに心惹かれました。三方接道の敷地には、採光や通風を考慮し3棟を建設。南側の緑地と調和するよう、外観はレンガ建築をモチーフとし、外構は四季折々の豊富な植栽を計画しているのだとか。

自然を感じながらのんびり過ごせそう

レジデンスではそのような環境・造りをいかして、1階には「オープンエアリビング」&「プライベートガーデン」を採用したルームプランも。全開口サッシを開放することで、ウッド調デッキが広がる屋外空間と室内のリビングが繋がり一体となるのだとか!ウッド調デッキの上にはリビングバイザーもあるので、雨天でも快適に過ごせそう。オープンエアリビングで周囲の自然を感じながらのんびりするのは、癒しの時間となりそうです。

「メゾネット」タイプなどプランバリエーションも充実

他にも、「メゾネット」タイプや「ルーフバルコニー」タイプなどもあり、光や風を感じる住まいづくりが印象的です。ちなみに全住戸3LDK、61.80~86.82平方メートル。総戸数61戸に対して30タイプのプランバリエーションがあるそう。

学校もスーパーも公園も近い!便利な住環境も魅力

便利な立地も魅力

西武池袋線、都営大江戸線の2路線3駅が利用できるエリアで、“ぬくいの森緑地”だけでなく近くには石神井公園や光が丘公園など、周囲にはとにかく公園がいっぱい。また、徒歩圏内にザ・ガーデン自由が丘や西友などのスーパーをはじめ、ドラッグストア、八百屋等の生鮮食料品店、病院など、暮らしに欠かせない施設も充実しています。

保育園、幼稚園、小学校、中学校も徒歩10分圏内にあり、ファミリー層には特に便利な立地だと思います。図書館や美術館など文化的な施設が近くにあるというのも、親としてはありがたいです。


省エネ性に配慮した「こどもみらい住宅支援事業」対象物件

子育て世帯に嬉しい制度も

「こどもみらい住宅支援事業」ってご存知ですか?一定の省エネ性能を有する住宅を取得する子育て世帯または若者夫婦世帯に対して、60万円/戸を補助する国土交通省の事業です。「子育て世帯」とは18歳未満の子を有する世帯で、「若者夫婦世帯」とは夫婦のいずれかが39歳以下の世帯のことを指します。「ヴェレーナ練馬ぬくいの森」は、この「こどもみらい住宅支援事業」の対象物件なのだとか。この制度を利用できるのも、対象世帯にはうれしいですよね!

なお、担当者は次のように語っています。
「(今回の狙いは?)都心の利便性を享受しつつ、住環境や間取りの広さを重視したい、主に30代からのアクティブな子育てご夫婦をイメージして作り込みました。住宅価格が高騰している中で、購入予算はある程度決まって?決めて?いらっしゃいます。その予算内で、23区の利便性・建物デザイン・間取り・広さなどなど、本来の住まいとしての価値を見出していただきたいと思っています」

「(今回のイチオシは?)なかなか絞り込むのは難しいですが、"建物"がポイントかと思います。武蔵野台地の強い地盤にユーロデザインの建物は、ご家族の快適な居住性と省エネ性に配慮して『断熱等性能等級4』『一次エネルギー消費量等級4』取得(予定)。他社ではオプションになりがちな仕様設備を標準仕様といたしました」

「(ユーザーへのメッセージは?)緑地や大型公園など緑の多い周辺環境、61通りのご家族がゆったり過ごせるような多彩な間取り、環境にも配慮して"おうち時間&休日の過ごし方"を充実させていただきたいです」

自然と融和した住まいだけでなく、住環境や制度利用が可能など、惹かれるポイントがたくさんある「ヴェレーナ練馬ぬくいの森」。郊外ということもあり、3LDK・4,600万円台(予定)〜とリーズナブルな価格も魅力です。住宅購入を考えたいなという方は、ぜひ一度モデルルームを見学してみては?公式サイトから来場予約が可能ですよ♪


文=矢野 凪紗

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)