【ものが捨てられない】手放す基準が分からない…「究極に好き」な服はコレクションとして保管するもあり!(6)

#くらし 
これは絶対に実物を残したい!

『集めすぎ女子が本当の「好き」を見極めたら みるみる部屋が片付きました』6話【全7話】


小さな頃から可愛いものが大好き!手芸やアニメ、漫画やフィギュアなど、好きすぎるがゆえにモノを集めすぎてしまうオタク女子のひぐちさとこさん。
お気に入りの宝物たちに囲まれて幸せなはずが、コレクションにはホコリがかぶり、不要なモノもまぜこぜの自室は、いつしか無法地帯と化していました。その場しのぎの掃除後にやってきた友人の「うわっ、モノ多い!」というひと言に衝撃を受け、自分の片付け方を見直そうと決意します。

片付けというとまず思い浮かぶのが断捨離。でもコレクションが生き甲斐のひぐちさん、思い出が詰まった雑貨、手作りの作品など、愛着のあるモノを手放すことに抵抗があります。
ひぐちさんのように、「自分が好きなものは捨てられない!」という人も多いですよね。その一方で、収納には限りがあるし、いつでも人が呼べる整った部屋にしたい…という気持ちも抱えているかもしれません。

整理しきれぬまま放置していた、着ていないけど好きな服の山。その一方で、大量のコレクションはきっちりと飾られています。どちらも「好き」だけど、この扱いの違いはなに?
コレクションの中にも「好き」と「本当に好き」があることに気づいたひぐちさん。姉の後押しもあり、大事にできる「本当に好き」なものだけを選んで残すことに決めますが…。

「集めすぎ」なオタク的視点から「片づけ」「捨てる」を実践し、理想の部屋を目指したひぐちさんの体験をご紹介します。

※本記事はひぐちさとこ著の書籍『集めすぎ女子が本当の「好き」を見極めたら みるみる部屋が片付きました』から一部抜粋・編集しました。

この記事に共感したら

Information

おすすめ読みもの(PR)