【バイク事故死】あっという間に炎に包まれて 数時間後弟は骨だけになっていた【16歳で帰らなくなった弟の真実】

#趣味 
出ていく二人に声をかけたかった

職人気質でお酒を飲むと財布のヒモがゆるくなる父、肝が据わっていてよその子でも平気でしかり飛ばす母、思春期をこじらせて素直になれない姉、そして自由奔放でヤンチャだけど誰からも好かれた弟。
そんな家族の「普通の暮らし」が一瞬にして変わってしまったのは、弟の「バイク事故」がきっかけでした。
当時高校3年生でこじらせ思春期真っ最中だったきむらかずよさん。そして弟は16歳。

全てを変えたのは、「息子さんが事故に遭われまして…」という深夜にかかってきた警察からの電話でした。きむらさん、父と母は病院で治療を受けていることを信じて疑わないまま、慌てて病院に駆けつけるも、そこには冷たくなった弟さんが…。よくよく聞くと、警察が電話してきていた時には亡くなっていたという衝撃の事実がわかったそうです。

16歳という弟さんの死にショックを受けるきむらさん、家族に追い討ちをかけたのが、事故を起こした弟のバイクに同乗していた身元不明の女の子がいるという警察からの情報です。
実は、事故の日の夜、弟の友達の女の子が家に遊びに来ていたのをきむらさんは知っていました。
当然のことながらまさかそれが永遠の別れになると思わず、2人に声をかけようとしたものの「邪魔しちゃ悪い…」と2人の顔も見ないままだったことを後悔したというきむらさん。

大反響だった本編「16歳で帰らなくなった弟」では描かれなかった、新たなエピソードについてうかがいました。

この記事に共感したら

Information

『16歳で帰らなくなった弟』本編はコチラ

■あの時弟に何が起こったのかー「16歳で帰らなくなった弟」本編はこちら


16歳で帰らなくなった弟連載一覧
父、母、姉、そしてヤンチャだけど誰からも好かれた弟。どこにでもあるような家族の風景が、警察からの一本の電話によって一瞬にしてもろく崩れ去ることに…。肉親を突然失ったある家族が、再び歩き出せるようになるまでをつづった衝撃の実話。





▼大人気漫画を無料で試し読み!連載まとめ一覧▼

他の無料試し読み作品

▼「コミックエッセイ」Instagramはじめました!▼
インスタ


おすすめ読みもの(PR)