【山積み汚部屋】「せっかくもらったんだから」いただきものどうする問題【1ヵ月で断捨離】(5)

#くらし 
本当に必要かどうか、自分軸で考えて

『1ヵ月でいらないモノ8割捨てられた! 私の断捨離』5回【全6回】


イラストレーターのなとみみわさんは、アラフィフで一人+愛犬一匹の新生活をスタート。以前住んでいたマンションはモノであふれていたため、新居はお気に入りの北欧家具をそろえたゆったり空間に。しかし…仕事の忙しさから、片付けを後回しにした結果、どこもかしこもモノだらけ!
そんなある日、「断捨離」の提唱者・やましたひでこさんと会って話ができることに。なとみさんは、やましたさんに「捨てる基準」を教わってから、「モノを捨てる」ことに対する気持ちが変化していきます。

それでは、なとみさんの断捨離ライフを見ていきましょう。
モノを捨てるときに悩んで片付けが進まない、「欲しい」と思ったらすぐモノを買ってしまう…そんな方は多いと思いますが、モノとの向き合い方を考えるきっかけになります。

※本記事はなとみみわ著、やましたひでこ監修の書籍『1ヵ月でいらないモノ8割捨てられた! 私の断捨離』から一部抜粋・編集しました


「断捨離」提唱者のやましたひでこさんに会って直接話をしたことで、自分の幸せのためにも、溜まりに溜まったモノを捨てようと決意したなとみさん。しかし、捨てようにもアレコレ考えてしまう「もらいモノの化粧品」を前に、さっそくつまづいてしまいます。

まずは目の前からスタート!

まずは目の前からスタート

とにかく行動あるのみ!

捨てるのもったいなくない?

次ページ:今回は勇気をもって捨てよ(2/2)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //