あると便利なキャンプ用品と、買い足す順番/ゆるっと始める キャンプ読本(7)

#趣味 
オープンタープの主な種類

『ゆるっと始める キャンプ読本』7回【全10回】


アウトドアブームで話題のキャンプ。挑戦してみたいけど、道具の選び方がわからない…という方も少なくないのではないでしょうか。

そんなときは詳しい方に聞くのが一番! 今回登場していただくのはキャンプ歴15年を迎え、キャンプコーディネーターとして活躍されている、漫画家のこいしゆうかさん。コミックエッセイ『ゆるっと始める キャンプ読本』の著者でもあるこいしさんが、ランタンやタープ、クーラーボックスなど、あると便利なキャンプ用品の選び方を教えてくれます。初心者必見のキャンプ入門をどうぞ!


ランタン

選ぶポイント

燃料別
ホワイトガソリン/OD缶(アウトドア用ガス缶)CB缶(カセットガス缶)に分けることができる

ガソリンストーブ

あたたかく優しい明かり。しかししっかり明るいランタン。
マントルを付け、点火時にポンピングが必要だったりとコツがいる

OD缶ランタン

CB缶ランタン

OD缶とCB缶のランタンは取り扱いがガソリンランタンに比べて楽。しかしマントルを取りつけ作業がいるものもある。アウトドアに特化したOD缶に比べて、自宅でも使用されるCB缶は寒さに弱い

LEDランタン

LEDランタン…コンパクトで光量のあるものから、おしゃれなインテリアになるランタンも
ヘッドライト…両手があいた状態で作業ができる! LEDランタンと併用して使うのが便利

オイルランタン

灯油もしくはパラフィンオイルが使用可能。コストが安いのは灯油だが、においとススがつく。パラフィンオイルだと楽チン! ちなみに芯は先端を丸っぽく切ると安定します。燃料を入れてすぐは火がつかないので、暗くなる前につけておこう

キャンドルランタン

一番身近で手に取りやすい。ひっくり返ると大変なのでなるべく吊るすようにしよう!

燃料別明るさの違い


ランタンにまつわる道具

ランタンにまつわる道具

ランタンを吊るすための道具。自立式、地面に刺す、テーブルにつけるなど

結局何を買えばいいの…?

初心者は気軽に使えるLEDがオススメ。だけどLED 1 個だと電池切れの心配もあるため、2つ以上は持っていきたい。ミニマムや徒歩キャンプならコンパクトなものを選ぼう

わたしはヘッドライトとLED(ミニ)のみでキャンプしてる

次ページ:他にも色々、キャンプ道具(2/3)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)