「もらえるだけでうれしい」けど他人の印税は気になる夫/妻は見た!売れないマンガ家の日常(5)

#くらし 
贅沢をしようと思ってね

『売れないマンガ家の貧しくない生活』5話【全13話】


「売れないマンガ家」というと、皆さんどんなイメージがありますか?
収入が少なく暮らしは常に困窮、なんとか原稿料を前借りして糊口をしのぎ、ヒット作を夢見てひたすら執筆を続ける…。そんな構図を思い浮かべる人もいるかもしれません。でもそんな考え方も平成まで!時代は令和、売れないマンガ家と言っても、貧乏とは限らないのです。

サラリーマンとマンガ家という、二足のわらじ生活を続けている作家・川崎昌平さん。専業ではなく兼業マンガ家だからこそできる作品との向き合い方、同人活動の大切さ、住宅ローン対策などなど、「現代の売れないマンガ家」の作家事情は悲壮感ゼロ!日々忙しくも心豊かに暮らしています。
川崎さんのマンガ業を一番近くで見守る妻の目線がとてもあたたかく、日々繰り広げられる夫婦の会話は、お互いへの思いやりにあふれています。

妻の目線で見た「売れないマンガ家」の日常をご紹介します。

※本記事は川崎 昌平著の書籍『売れないマンガ家の貧しくない生活』から一部抜粋・編集しました。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)