ボウリングのピンはその昔…10本じゃなかった!/雑学うんちく図鑑(3)

#趣味 
ボウリングのピンは昔は10本じゃなかった!?

『雑学うんちく図鑑』3話【全38話】


ウナギにも毒があるって本当?
「おざなり」と「なおざり」の違いは?
お腹がすくと「グ~」となるのはなぜ?

などなど、知っているようで知らなかった意外なことやおもしろトリビアをご紹介!

知っておくとついつい誰かに話したくなる「雑学うんちく」をイラストと共にわかりやすくお届けします。
生活に役立つものから、考えたこともなかったようなあっと驚く知識まで、知っておくと毎日がちょっと豊かに♪ 日々の会話やちょっとした雑談のネタとしてもおすすめです。

※本記事はケン・サイトー著の書籍『雑学うんちく図鑑』から一部抜粋・編集しました。


ボウリングのピンはその昔、10本じゃなかった!

当時はナインピンズと呼んでいました


ハミダシうんちく

ボウリングという遊びはもともと「宗教行事」がルーツにあるとされています。倒すピンを災いや悪魔に見立て、できるだけたくさんピンを倒すことで、そのような悪い対象から逃れることができるという儀式だったといいます。ちなみに、カタカナ表記の場合「ボウリング」が一般的で、「ボーリング」は土木工事の掘削(くっさく)のことを意味する表記とされているようです。

出典=ケン・サイトー/『雑学うんちく図鑑』

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)