「いろはにほへと…」実は意味深い文章だった!/雑学うんちく図鑑(25)

#趣味   
「悟り」でおじゃるな…

『雑学うんちく図鑑』25話【全38話】


ウナギにも毒があるって本当?
「おざなり」と「なおざり」の違いは?
お腹がすくと「グ~」となるのはなぜ?

などなど、知っているようで知らなかった意外なことやおもしろトリビアをご紹介!

知っておくとついつい誰かに話したくなる「雑学うんちく」をイラストと共にわかりやすくお届けします。
生活に役立つものから、考えたこともなかったようなあっと驚く知識まで、知っておくと毎日がちょっと豊かに♪ 日々の会話やちょっとした雑談のネタとしてもおすすめです。

※本記事はケン・サイトー著の書籍『雑学うんちく図鑑』から一部抜粋・編集しました。


「いろはにほへと…」は、実は意味深い文章だった!

いろは歌


ハミダシうんちく

この「いろは歌」の作者は空海や柿本人麻呂だとする説がありますが、実際は作者不詳とされます。「有為」とは仏教用語。因縁によって起きる一切の事物のことで「形“ある”ものと、形の“ない”もの」のこと。これが転じて、「有為の奥山」は、よいこと悪いことなどいろいろなものが渦巻く人生を、どこまでも続く深く険しい“山”に喩(たと)えた表現です。

出典=ケン・サイトー/『雑学うんちく図鑑』

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)