定食屋で出されるたくあんが、「2切れ」なのには理由があった!/雑学うんちく図鑑(27)

#趣味   
丼物に付いてくるたくあん

『雑学うんちく図鑑』27話【全38話】


ウナギにも毒があるって本当?
「おざなり」と「なおざり」の違いは?
お腹がすくと「グ~」となるのはなぜ?

などなど、知っているようで知らなかった意外なことやおもしろトリビアをご紹介!

知っておくとついつい誰かに話したくなる「雑学うんちく」をイラストと共にわかりやすくお届けします。
生活に役立つものから、考えたこともなかったようなあっと驚く知識まで、知っておくと毎日がちょっと豊かに♪ 日々の会話やちょっとした雑談のネタとしてもおすすめです。

※本記事はケン・サイトー著の書籍『雑学うんちく図鑑』から一部抜粋・編集しました。


たくあんはなぜ2切れで出される?

定食屋では2切れで出されることの多いたくあん


ハミダシうんちく

たくあんに100ボルトの電圧をかけると、たくあんの中にある「塩化ナトリウム」(塩分)と「電子」(電流)が化学反応を起こし、強いオレンジ色に発光する「原子発光」という現象が起こります。そのほかの漬け物類でも発生するようですが、特にたくあんは繊維が均等で電気を通しやすい構造で、水分が適度に含まれているなど、発光する条件がそろっているようです。

出典=ケン・サイトー/『雑学うんちく図鑑』

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)