生命の神秘! 卵を産む哺乳類がいる!?/雑学うんちく図鑑(31)

#趣味   
卵を産む哺乳類

『雑学うんちく図鑑』31話【全38話】


ウナギにも毒があるって本当?
「おざなり」と「なおざり」の違いは?
お腹がすくと「グ~」となるのはなぜ?

などなど、知っているようで知らなかった意外なことやおもしろトリビアをご紹介!

知っておくとついつい誰かに話したくなる「雑学うんちく」をイラストと共にわかりやすくお届けします。
生活に役立つものから、考えたこともなかったようなあっと驚く知識まで、知っておくと毎日がちょっと豊かに♪ 日々の会話やちょっとした雑談のネタとしてもおすすめです。

※本記事はケン・サイトー著の書籍『雑学うんちく図鑑』から一部抜粋・編集しました。


卵を産む哺乳類がいる!?

オーストラリアに生息するカモノハシ


ハミダシうんちく

カモノハシが「単孔目(または単孔類、一穴目)」と呼ばれるのは、排泄(はいせつ)と産卵の穴が同じため。卵を産む哺乳類はこのほかに、オーストラリア周辺に生息する「 ハリモグラ」、ニューギニア島に生息する「ミユビハリモグラ」が知られています。カモノハシは、これまで日本国内の動物園で飼育されたことがなく、現在でも日本では見ることのできない動物となっています。

出典=ケン・サイトー/『雑学うんちく図鑑』

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)