日常生活で多く使われる筋肉が、実は脚やせをジャマしてる?/脚からやせる神トレ(3)

#美容・健康 
 普通に歩くとき、主に使われるのは前ももとふくらはぎ

『予約のとれない女性専門トレーナーが教える 脚からやせる神トレ』3回【全15回】


ボディラインが気になる季節。ダイエットを始めた、という人も多いかもしれません。

特に脚は細くなりにくく、体重は減ったのに脚は変わらない、筋トレを頑張ったらかえって太くなった、なんてことも…。

そんな脚やせの悩みに寄り添ったレッスンで、なかなか予約が取れない人気トレーナーの石本哲郎さんは、「脚やせに間違った思い込みを持っている女性がたくさんいる」と言います。

大切なのは正しい筋トレフォームと知識。美脚をつくるルールやきたえるべき筋肉など、石本さんが教える女性の脚やせに必要な知識を紹介します。本気で脚やせを目指すなら、トレーニングを始める前に覚えておきたい事ばかりです。

※本記事は石本哲郎著の書籍『予約のとれない女性専門トレーナーが教える 脚からやせる神トレ』から一部抜粋・編集しました


脚の狙った部位を必ず細くする、本気の脚やせメソッドを解説!


普通に生活していると前ももとふくらはぎが太くなることが多い


立つ、歩くといった日常的な動きで、下半身の筋肉は使われています。「普通に生活するための脚」でよいのなら、ウォーキングなどをするだけで十分。

でも、自分史上もっともスラッとした脚を目指すなら、筋トレが必要です

細くまっすぐな脚やキュッと上がったおしりは、なかなか手に入らないもの。

その理由は、日常的に多く使われるのが脚やせをジャマする筋肉だから。

普通に歩くとき、おもに使われるのは前ももやふくらはぎです。つまり、きちんと考えられた筋トレをせずに歩けば歩くほど、走れば走るほど、太ももやふくらはぎは太くなりがちなのです。こんな悪循環を断ち切るためには、日常的に使われる筋肉をかえていくしかありません。正しい筋トレで、脚やせに必要な筋肉を増やすのです。すると、どうなるか?

人間は、無意識に強い筋肉に頼って生活しようとします。つまり、必要な筋肉が前ももやふくらはぎより強くなれば、不要な筋肉は使われにくくなり、自然に減っていくのです。この方法は、歩き方や走り方を矯正するより脚やせに効果があります。だって、勝手に必要な筋肉を使い、不要な筋肉を使わずにいてくれるのですから。

著=石本哲郎/「予約のとれない女性専門トレーナーが教える 脚からやせる神トレ」(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)