【アルコール依存症OL】お酒を捨てられ泣いて暴れまわって半狂乱「朝のトイレ酒に間に合わない!」(8)

#趣味 
病人扱いしないでよ!

『人生が一度めちゃめちゃになったアルコール依存症OLの話』8話【全13話】


4月から勤め始めた会社や仕事にどうも合わない…と、そろそろ会社に行くのが苦痛になってくる人も現れる季節かもしれません。

コミックエッセイ『人生が一度めちゃめちゃになったアルコール依存症OLの話』の著者・かどなしまるさんも、入社1ヶ月で早くも出社が苦痛になってしまった新入社員のひとり。
新卒で入った会社は、人格を否定してくる課長やパワハラ気味なお局さんなど、ギスギスした雰囲気で居心地が悪く人間関係が最悪でした。ひとつひとつの業務が苦痛で、家に帰っても気持ちは休まりません。
そんなストレスから逃れるために手を出した、出社前の飲酒という負のループ。「やめようと思えばやめられる」という気持ちとは裏腹に、お酒で自分をコントロールさせるような日々を送っていました。

唯一心を許せる同居相手、双子の妹の存在で、いったんは出社前の飲酒をやめることができていたのですが…。

「ダメだ」とわかっていながらも、転がり落ちるように依存症の沼にハマっていくかどなしまるさん。そのエピソードは、誰でも陥る可能性のある依存症の怖さを教えてくれます。

※本記事はかどなしまる著の書籍『人生が一度めちゃめちゃになったアルコール依存症OLの話』から一部抜粋・編集しました。

この記事に共感したら

Information

おすすめ読みもの(PR)