息子を事故で亡くした彼女に、「息子の死を受け入れてない」とは言えなくて…/私の息子が異世界転生したっぽい(3)

#趣味 
人が悲しんでるのを見るのが怖くて否定できなかった

『私の息子が異世界転生したっぽい』 3回【全8回】


35歳のサラリーマン・堂原は、ある日元同級生の美央に呼び出される。17年ぶりに再会するものの、高校時代にはほぼ喋ったことのない彼女からの第一声は耳を疑うもので…。

3ヶ月前に高校生の息子を事故で亡くし、息子ともう一度話すために「異世界転生の方法を探りたい」と言う彼女に対し、「現実とフィクションの区別が付かなくなっている?」と不安を抱えながらも、「オタク気質」という理由だけで頼られた堂原は、異世界転生の方法を彼女と一緒に探ることに。突然息子を亡くした母の悲しみの行く末は…?

※本記事はかねもと著の書籍『私の息子が異世界転生したっぽい』から一部抜粋・編集しました

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)