掃除が苦手な人こそ心がけて!次の冷蔵庫掃除をラクにする「キレイをキープする方法」

#くらし 
掃除が苦手な人こそ心がけて!次の冷蔵庫掃除をラクにする「キレイをキープする方法」

「食品を出し入れするときは食材に注目していて、意外と冷蔵庫の汚れに気づかないんです」と、掃除のプロ・木村さん。特に食中毒が気になるこれからの季節は、冷蔵庫の汚れを放っておくと危険。24時間営業の冷蔵庫は、思い立ったときが掃除のしどきです!

半年に1回の掃除サイクルといえど、日々使っていれば、汚れはたまっていくもの。掃除が苦手な人こそ、ちょっとした毎日の心がけで、次の掃除がグッとラクになります!

教えてくれたのは▷お掃除オーガナイザー(R)木村由依さん

木村由依さん

クリスタルミューズ代表。ハウスクリーニングの専門技術と、思考と空間を整理する「ライフオーガナイズ(R)」を組み合わせたメソッドで、一人一人に合った掃除と片づけを提案。著書に『「掃除の基本」おさらい帖』(宝島社)がある。

冷蔵庫の扉にはできるだけ張らない

冷蔵庫の扉にはなるべく貼らない

いろいろ張ってあると掃除をしなくなる

「メモや書類などを張りつけたいところですが、グッと我慢。水や油がはねたり、マグネットにホコリがたまったりして不衛生です。張るなら側面へ。張ってあるものが少ないほど、汚れに気づいたときにサッと拭けます」

これくらいすっきりと

これくらいすっきりと!

紙袋や牛乳パックの仕切りを使って野菜クズを防止

仕切りを使って野菜ゴミを防止

「汚れても気軽に捨てやすい紙袋や牛乳パックを仕切り代わりにするのがおすすめ。野菜ストック用の紙袋も100円ショップで手軽に買えます。仕切りにするときは、野菜が埋もれ過ぎないように引き出しの高さに合わせて」

内側に折り込むと強度アップ!

内側に折り込むと強度アップ!

使ったボトルや容器は拭いてからしまう

このひと手間が、冷蔵庫掃除をラクにする!

「冷蔵室の棚やポケットが汚れる一番の原因は、容器やボトルから液だれしてこびりつくこと。調理後や食後など、冷蔵庫にしまう前には必ず容器やボトルのまわりを拭く癖をつけて。それだけで汚れは圧倒的に減らせます」

キレイな状態を写真に撮って意識づけする

キレイな状態を写真に撮って意識づけ!

「冷蔵庫は毎日出し入れするので、意識しないとすぐに乱れます。食品の衛生面はもちろん、冷蔵庫をあけて"気持ちいい!"と感じることは精神衛生にもいいんです。キレイな状態を写真に撮り、見返すためのお手本として保存を」

*  *  *

半年に1度の冷蔵庫掃除をラクにするために、日々の使い方が大切です。すぐできそうなことから、さっそく始めてみましょう!

撮影/三佐和隆士 イラスト/ちばなつこ 編集協力/鈴出智里

【レタスクラブ編集部】

この記事に共感したら

Information

<レタスクラブ ’22年6月号より>






雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’22 6月号』情報はこちらから▼

夏目前、ダイエットを始めたい方必見!今号の料理特集は、「豆腐おかずでやせる!」豆腐の色々なアレンジレシピの他、厚揚げ、おからパウダー、納豆、高野豆腐など…あらゆる大豆製品のレシピを多数ご紹介しています!/今話題の「大豆ミート」を使ったから揚げ&タコライスや、オートミールを使ったレシピもご紹介/献立の悩みから解放される!と毎号話題の「献立カレンダーBOOK」/別冊付録「7大定番野菜のBESTレシピ100」は80ページの永久保存版です!/LETTUCE MEETSには中井貴一さんが登場!/オトナのNEWS連載には加藤シゲアキさん!/コミックエッセイも多数!/レタスクラブ6月号をぜひお楽しみください。




おすすめ読みもの(PR)