太見えTシャツを選んでいませんか? 二の腕が気になる人注目! 細見え「半袖」の選び方

#趣味   
「着やせの神」としても話題の岡田さん


何枚あっても困らないTシャツ。素材もデザインも毎年アップデートされるので、Tシャツコレクションがどんどん増えていく…という人もいるはず。夏のオシャレに外せないTシャツですが、あるポイントを無視すると、太見えしてしまうんです……。

細見えポイント①:広めの袖口

年齢を重ねるとたるんでプルプル感が増してしまう二の腕。太見えを避けるために、袖丈長めのTシャツを探しがちですが、それよりも大事なのは「袖口の広さ」でした!

「袖口が狭いと、腕の太さが目立ってしまうのですが、袖口が広い場合は、袖口の広さとの差で、腕が細いかのように見えるのです。」(岡田さん)

袖口が広いTシャツの場合は、腕が細いかのように見える!


細見えポイント②:袖丈と着丈のバランス

太見えしてしまうのは、袖だけではなく、全体のバランスも大切なんだそう!

「袖丈長め・着丈短めのトップスの場合、袖と裾との差があまりなく、全体的に見て横長で大きく見えてしまいます。でも、袖と裾の差があれば横長の印象が消えるんです。袖の長いものを選ぶ場合は、着丈も長いものを選ぶようにすると細見えにつながりますよ!」(岡田さん)。

裾が長いと縦長に見えて細見え!


細見えポイント③袖の形

パフスリーブにフレアスリーブなど、袖にも色々な形がありますが、着やせ効果を期待するならドルマンスリーブがいいのだそう。


「腕の付け根部分がゆったりしているドルマンスリーブは、二の腕の存在感を消してくれる優秀トップスです!また、空気をまとって肩の丸みも目立たなくなります!」(岡田さん)。

ドルマンスリーブは、二の腕の存在感を消してくれる優秀トップス!


細見えポイント④硬めの素材

最後の細見えポイントは素材です。コットンなどのやさしくて手触りのいい素材でできたTシャツもステキなのですが、細見せしたいならストップ!

「柔らかい素材は体によりそうので、ラインが出やすいのです。ブラの位置がわかっちゃうのも、このせいです……。ポリエステルなどのツヤのある素材も魅力的ですが、こちらも薄手で柔らかいものが多く、横に伸びやすいので肉感が出てしまうのがネックです。今流行りのワッフル素材なら素材の凹凸があり、張り付かず、体のラインが出にくいのでオススメです。」(岡田さん)。

意外と奥の深いTシャツの世界……。
「今まで、無意識で太見えTシャツを選んでしまっていた」と後悔している人も、今年からは細見えTシャツに切り替えましょう!

▲教えてくれたのは
スタイリスト:岡田友梨さん
ガッチリ体型女子のためのブランド「KINGLILY」のデザイナー兼代表。SNSやメディアで、さまざまな着やせアイデア・アイテムを発信し、「着やせの神」としても話題の人物。

写真/アベユキヘ イラスト/編O 取材/安倍川モチ子

【レタスクラブ編集部】

この記事に共感したら

Information



雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’22 6月号』情報はこちらから▼

豆腐おかずでやせる!/ごま油の意外な使い方10/梅雨どきの洗濯攻略法/「やせ姿勢」で-5kg見え!/【はずせる保存版】忙しい人こそオートミール!BOOK/【別冊付録】7大定番野菜のBESTレシピ100






▼大人気漫画を無料で試し読み!連載まとめ一覧▼

他の無料試し読み作品

▼「コミックエッセイ」Instagramはじめました!▼
インスタ


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //