寒さがこたえる冬の朝。おばあちゃんが楽しみにしていたのは…/メタモルフォーゼの縁側3(1)

#趣味   
一番近い本屋なら往復30分…いや40分か

『メタモルフォーゼの縁側3』1回【全7回】


一冊のBL漫画に偶然出会い、すっかりハマってしまった75歳の市野井雪。書店に足しげく通っていたところ、書店の店員・17歳の佐山うららも同じ漫画を読んでいることがわかって2人は意気投合! 58の歳の差がある2人ですが、ちょくちょく「会合」を開いてはBL談義に華を咲かせ、歳の差を越えた友情を育んでいました。すると、どこか引っ込み思案だったうららに変化が現れ始めて――。

実写映画化が決定した話題作! 75歳にしてBLを知った老婦人と女子高生が交流を深める日々を描く、鶴谷香央理著『メタモルフォーゼの縁側3』(KADOKAWA)を7回連載でお送りします。今回は第1回です。

※本記事は鶴谷香央理著の書籍『メタモルフォーゼの縁側3』から一部抜粋・編集しました

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //