「イカの夢を見た」という娘とパパ。予想の斜め上をいくその内容とは?/紙一重りんちゃん(9)

#趣味   
おはよう、イカの夢を見た

『紙一重りんちゃん』9回【全10回】


「『自分』って何? 細胞が入れ替わっても『自分』だよね」
「100年後には地球のメンバーってごっそり入れ替わってるね」
全国模試第1位の小学生りんちゃんは、天才がゆえに普段から予想の斜め上をいくユニークな言動ばかり。

そんな紙一重なりんちゃんに、時に突っ込み、時にスルーしてくれるのが、やさしいママ、おもちゃメーカー勤務の天然すぎるパパ、りんちゃんの暴走を止めてくれる親友・こだまちゃん。

そうきたか!と思わせる独特な発想が楽しく、何気ない日常も新鮮に映ってしまうから不思議です。天才なのにちょっとおバカなりんちゃんの、ゆかいな毎日をのぞいてみませんか?

※本記事は長崎ライチ著の書籍『紙一重りんちゃん』から一部抜粋・編集しました

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //