郵便局の「〒」マークのモデルは「T」と「テ」のどちら?/大人の教養 博識雑学2000(12)

#趣味   
『大人の教養 博識雑学2000』12回【全80回】


京都には「銅閣」も存在する!?
地球は毎年5万トンずつ軽くなっている!
牛乳は季節によって味が違う!? 

などなど、 あなたは知っていましたか?

知っていると思わず誰かに話したくなる、文化・社会・サイエンス・地理・歴史・ワールド・芸術・生活・スポーツなど、古今東西の幅広いジャンルの雑学ネタをたっぷりご紹介します。情報にあふれた今の世の中で知っておきたいお役立ち情報が満載。

文系理系じゃくくれない「大人の教養」が、日々の会話やちょっとした雑談に役立つはずです!

※本記事は『大人の教養 博識雑学2000』から一部抜粋・編集しました。

郵便局の「〒」マークは「T」ではなく「テ」!?

郵便局の「〒」マークは「T」ではなく「テ」!?

郵便局の「〒」マークは世界共通ではなく、日本オリジナル。郵便制度が誕生した明治時代、郵便は「逓信(ていしん)」と呼ばれていて、その頭文字であるカタカナの「テ」を図案化したのだ。

当初は「Teishin」の頭文字「T」だったが、のちに「T」は国際郵便の取り扱いで料金不足の郵便物につけるマーク(Tax の略)と判明。あわてて「〒」へと変更したという。

著=雑学総研/『大人の教養 博識雑学2000』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

Information






▼大人気漫画を無料で試し読み!連載まとめ一覧▼

他の無料試し読み作品

▼「コミックエッセイ」Instagramはじめました!▼
インスタ


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //