神社の「狛犬」の片方は…実はライオン!?/大人の教養 博識雑学2000(16)

#趣味   
『大人の教養 博識雑学2000』16回【全80回】


京都には「銅閣」も存在する!?
地球は毎年5万トンずつ軽くなっている!
牛乳は季節によって味が違う!? 

などなど、 あなたは知っていましたか?

知っていると思わず誰かに話したくなる、文化・社会・サイエンス・地理・歴史・ワールド・芸術・生活・スポーツなど、古今東西の幅広いジャンルの雑学ネタをたっぷりご紹介します。情報にあふれた今の世の中で知っておきたいお役立ち情報が満載。

文系理系じゃくくれない「大人の教養」が、日々の会話やちょっとした雑談に役立つはずです!

※本記事は『大人の教養 博識雑学2000』から一部抜粋・編集しました。

神社の「狛犬」の片方はライオンだった

神社の「狛犬」の片方はライオンだった

神社の拝殿の手前や参道の入り口の両側に、雌雄一対の形で鎮座する狛犬(こまいぬ)。一般的に一対で「狛犬」と呼ばれるが、じつは2体は別々の想像上の生き物である。

多くの場合、拝殿に向かって左側に鎮座するのが、インドやエジプトを起源に、唐(中国)から朝鮮半島の高麗を経て伝わった狛犬(高麗犬)。向かって右側が、神の眷属(けんぞく)として鎌倉時代に宋(中国)から伝わった獅子(ライオン)だ。口を開けた「阿(あ)形」をしているのが獅子、口を閉じた「吽(うん)形」をしているのが狛犬とされる。

著=雑学総研/『大人の教養 博識雑学2000』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

Information






▼大人気漫画を無料で試し読み!連載まとめ一覧▼

他の無料試し読み作品

▼「コミックエッセイ」Instagramはじめました!▼
インスタ


おすすめ読みもの(PR)