猫がマタタビに反応する謎を解明!/大人の教養 博識雑学2000(22)

#趣味   
『大人の教養 博識雑学2000』22回【全80回】


京都には「銅閣」も存在する!?
地球は毎年5万トンずつ軽くなっている!
牛乳は季節によって味が違う!? 

などなど、 あなたは知っていましたか?

知っていると思わず誰かに話したくなる、文化・社会・サイエンス・地理・歴史・ワールド・芸術・生活・スポーツなど、古今東西の幅広いジャンルの雑学ネタをたっぷりご紹介します。情報にあふれた今の世の中で知っておきたいお役立ち情報が満載。

文系理系じゃくくれない「大人の教養」が、日々の会話やちょっとした雑談に役立つはずです!

※本記事は『大人の教養 博識雑学2000』から一部抜粋・編集しました。

「猫にマタタビ」の謎が解明された

「猫にマタタビ」の謎が解明された

日英の研究グループは2021(令和3)年、猫がマタタビに体をすりつけるのは、マタタビに含まれる蚊を寄せつけない成分「ネペタラクトール」を体につけるためであることを明らかにした。成分を猫の頭に塗った実験では、何も塗らない場合と比べて頭に止まる蚊が半減したことから、寄生虫フィラリアや病気を運ぶ蚊から身を守る重要な行動だと結論づけた。

マタタビで陶酔状態になるのは、猫が蚊に刺された際の鎮痛の意味があると考えられている。

著=雑学総研/『大人の教養 博識雑学2000』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

Information






▼大人気漫画を無料で試し読み!連載まとめ一覧▼

他の無料試し読み作品

▼「コミックエッセイ」Instagramはじめました!▼
インスタ


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //