犬だけど嫉妬するかな?飼い主が猫カフェから帰ってきた時の反応/うちのトイプーがアイドルすぎる。2(4)

#趣味   
猫のにおいが分かる

『うちのトイプーがアイドルすぎる。2』4話【全10話】


散歩中のわんちゃんや、SNSで見かける可愛い犬の仕草。実際に犬を飼っていなくても、見ているだけで癒されますよね。犬と一緒に暮らす人たちが「やっぱりうちの子がいちばん!」という気持ちが強くなるのもわかります。

もともと動物が苦手だったという道雪葵さんですが、ある日家族が連れ帰ってきた「クーさん」というトイプードルの男の子と一緒に暮らすことに。
クーさんのあざとかわいさはピカイチで、自分の魅力を自覚しつつ、周囲にこれでもかと愛嬌を振りまきます。あっという間に道雪家のアイドル犬として家族の一員になったクーさん。最初は相性が悪いかのように見えた道雪さんとクーさんも、日々一緒に過ごす内に、少しずつお互いの距離が縮まっていきます。

道雪家の一員となって10余年、シニアになったクーさんの老いを実感することはあるものの、愛らしさは増すばかり!アイドルすぎるトイプードル・クーさんと道雪さんファミリーの賑やかな日常をご紹介します。

※本記事は道雪 葵著の書籍『うちのトイプーがアイドルすぎる。2』から一部抜粋・編集しました。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //