小学生の職業体験・食育に「子どもラーメン教室」。普段入れない厨房に立ってドキドキわくわくラーメンづくり♪

#育児・子育て   
食育に「子どもラーメン教室」

いよいよ、子どもたちにとって待ちに待った夏休み。せっかくの長期休みだから何か特別な体験をさせて有意義に過ごしたい、そう考える親御さんも多いのではないでしょうか?例年夏休みには各所でサマースクールなどさまざまな催しが行われていますが、小学生の職業体験・食育に「子どもラーメン教室」なんていかがでしょう!?

神奈川・東京でとんこつラーメン専門店を展開する『七志(ななし)』が、夏休みを間近に控えた2022年7月より「子どもラーメン教室」を再開するそうです。当イベントはコロナ禍で開催を休止しており、約2年ぶりの開催。

とんこつラーメン専門店『七志』で、小学生ラーメン教室が2年ぶりに再開


『七志』ではコロナ禍以前、未来を担う子どもたちの食育と、慢性的な人手不足が続く飲食業への興味関心を持ってもらいたいとの想いから、毎月1回、第3日曜日の営業開始前の時間を利用して「子どもラーメン教室」を行っていました。
調理や接客を担う『七志』スタッフが“先生”となって、自家製のとんこつスープが出来上がるまでのヒミツをレクチャー。子どもたちは通常入れないラーメン屋さんの厨房に立ち、卵の殻むきや麺茹でを体験。好きなトッピングを自由に並べて、“世界で一杯”だけの特別なラーメンを作り上げます。

好評のため、一時期は店舗により参加希望者が4か月待ちという状況も!しかし、コロナ禍を受けて開催を全面休止に。そしてこのたび、定員を2組最大4名までに限定して、感染対策を行いながら開催を再開することになりました。さらに今回から第一号店である青葉台店も加えた全7店舗で開催!

人気トッピングが揃った全部のせラーメン


なお、担当者は次のように語っています。
──本イベントのイチオシポイントは?
「何と言っても自分で作るラーメンです。普段は入れない厨房に入って、麺を茹でたり卵の殻を剥いたり(ツルンと剥くコツを伝授!)、トッピングを好きなだけのせて楽しんだり…という経験はなかなか他で体験できないものだと思います」

──開催にあたり工夫した点は?
「元々子育て応援や福祉協力などに積極的に取り組んでいく社風であり、今回の『ラーメン教室』もスタッフ手描きの卵の殻むきのコツPOPを使用して手作り感満載で実施します。『七志』は小型店から大型店まで、規模も内装も店舗によって個性があり、今まで実施できない店舗もありました。今回感染対策で少人数制にしたことで開催できる店舗が増えたことはプラスの要因だと思います」

──ユーザーへのメッセージは?
「店舗によっては元々参加順番待ちがあり、既に数か月分の予約が入っている店舗もございますが、子どもたちの思い出と食育に、たくさんのご参加をお待ちしております!」

【子どもラーメン教室】
●日時: 毎月第3日曜日10:15~11:00 ※今後の社会状況により休止する場合があります。
●対象: 小学生の子ども限定
●参加費: 300円/1名
●定員: 各店舗2組最大4名まで《要事前予約》
●申込方法: 参加希望店舗へ電話または直接スタッフまで

●開催店舗: とんこつラーメン専門店『七志』7店舗
・青葉台店/横浜市青葉区榎が丘26-13 1F (045-984-7749) ※初開催
・たまプラーザ店/横浜市青葉区美しが丘1-4-6 美しが丘ルピナス1F (045-901-4977)
・上大岡店/横浜市港南区上大岡西1-18-5 mioka6F (045-353-5774)
・港南台バーズ店/横浜市港南区港南台3-1-3 港南台バーズ3F (045-833-7745)
・中山店/横浜市緑区中山1-7-11 ニューシティハイツ中山(045-530-3974)
・鹿島田店/川崎市幸区下平間144-48 ラフェスタビル1F (044-742-8335)
・相模原横山台店/相模原市中央区横山台1-1-15 (042-711-7460)
※参加は予約先着順となります。参加希望者多数の場合、数か月お待ちいただく場合があります。ご了承ください。

文=秋武宏美

この記事に共感したら

Information


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //