ランプの魔人がねこだと取り扱い注意!/ねこむかしばなし

#趣味   
ご主人様 なんでもお申し付けください

『ねこむかしばなし』2話【全21話】


古今東西の昔話にねこが登場したらどうなる?

赤ずきんちゃん、シンデレラ、一休さん、浦島太郎…。言わずと知れた有名な昔話も、ねこが加わっただけでひと味違った展開に!悲劇すらゆるくてキュートなお話に変貌します。登場人物たちがねこに絆される姿には、「ねこだから仕方がない」と思わず納得してしまうこと間違いなし。

作品の元となったお話の解説もついているので、神話や名作についても改めておさらいできます。

※本記事はぱんだにあ著の書籍『ねこむかしばなし』から一部抜粋・編集しました。


◆ランプの魔人ねこ その1

それはわからないですね

◆ランプの魔人ねこ その2

ねこの手も借りたいってことですね

◆ランプの魔人ねこ その3

それは無理ですね

◆元となったむかしばなし

アラジンと魔法のランプ
むかしアラジンという貧しくも心優しい青年がいました。
ある日、アラジンのもとに親戚だと偽って魔法使いがやってきました。「洞窟から魔法のランプを取ってきてほしい」と頼まれたアラジンは親戚の頼みなら、と快く引き受けます。
命からがら魔法のランプを手に入れたアラジンでしたが、魔法使いに騙され、洞窟に閉じ込められてしまいます。しかしアラジンは願いを叶えてくれるランプの精のおかげで洞窟から脱出。さらにはランプの精のおかげで国の王女と出会い、恋に落ちました。
そんなアラジンの前にあの魔法使いがまた現れ、お城ごと王女をさらっていきます。機転を利かせたアラジンは魔法使いを倒し、王女と幸せに暮らしました。

著=ぱんだにあ/『ねこむかしばなし』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)