女性の約7割が悩んでいた! 30代になると気になりはじめる「髪の老化」は早めのケアを 画像(1/2) 悩みや不満を持っている体の部位は「肌」に次いで「髪の毛」

「髪は女の命」という言葉がありますが、価値観が多様化している今の時代、ちょっと大げさですよね? でも、多かれ少なかれ女性は、自分の髪に関する悩みを抱えているようです。皆さん、どういったことで悩んでいるのでしょうか。

このたびスーパーフードラボでは、20~50代の女性208名に「髪や頭皮に関する調査」を実施。なんと女性の約7割が髪について何らかの悩みを抱えていることが明らかになりました。

悩みや不満がある体の部位についての質問では、お肌(76.4%)に次いで、髪の毛が69.2%で2位にランクイン。やはり、いつの時代も「髪は女の命」なのでしょうか。

髪の悩みといっても、年齢によって内容は大きく異なります。具体的には、20代はカラーリング・パーマが原因と思われる「傷み」や「枝毛・切れ毛」。40から50代になると「白髪」の悩みが断トツ。

その境目世代とも言える30代の悩みは、「ハリコシ」「ボリューム」、さらには「白髪」となっており、やはり「髪の老化」を感じ始める年代のようです……。直視したくない現実ではありますが、誰もが悩んでいることだと判れば、少しは気持ちも楽になりますよね!?

女性の約7割が悩んでいた! 30代になると気になりはじめる「髪の老化」は早めのケアを 画像(3/2) 【写真を見る】「髪年齢よみがえれ!」がテーマのシャンプー

今回の調査を行ったスーパーフードラボでは、スーパーフード由来成分を配合したヘアケア用品「SUPERFOOD LAB」を発売中。髪の乾燥やパサつき、ハリコシ、ボリュームをケアする「シャンプー&トリートメント」や、性別・年齢別に最適なビタミンなどを配合し、体の内側から必要な栄養を摂取する「サプリメント」を展開しています。

ヘアケアというと時間と手間、そしてお金が掛かるイメージがありますが、シャンプーやサプリなら、忙しくても自然に無理なく続けられそうですね。まずは毎日使うシャンプーから見直して、髪のお手入れをワンランクアップしてみてはいかが?