亡き母の味の肉じゃが作り。乱切りや半月切り、包丁の使い方はいろいろ/さんしょく弁当1(4)

#趣味   
切り方たくさんです

『さんしょく弁当1』4回【全9回】


家族をつなぐのは、母の思い出の味―。

ひとり暮らし歴10年の独身サラリーマンの鳴海 聡(なるみ そう)は、母を亡くした13歳の中学生・箱山えりか、えりかの妹で5歳の小梅の従妹ふたりと3人で暮らすことに。普段の食事はデリバリーですませていることを知った鳴海は、ふたりのために料理を作ることにします。鳴海の作る料理は従妹たちの亡き母から教わったもので――。
思い出の味を通じて徐々に近づいていく3人の心。料理がつなぐ家族の心温まる物語をお楽しみください。

※本記事は兎月あい著の書籍『さんしょく弁当1』から一部抜粋・編集しました。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)