「きみの出世が面白くなかった」夫の本音に呆れるワーママ、離婚!/働きママン 小学4年生の壁をよじ登れ!(2)

#育児・子育て   
きみが出世したのは面白くなかった

『働きママン 学童保育終了で大ピンチ!編 小学4年生の壁をよじ登れ!』2話【全6話】


「ワーキングマザー」という言葉がすっかり浸透した昨今ですが、世の働く母親たち一人一人の置かれている状況は「ワーママ」というひと言では語りつくせぬほど多種多様です。共働きやシングルマザーをはじめ、親と同居で介護をしながら働く、夫が専業主夫で、妻が働きに出るというケースなど、働くスタンスひとつとっても、ひとくくりにできないのが実情。

外資系IT企業に勤める本城冴子さんは、仕事・家事・育児すべてにおいて完璧主義を貫く性格。第一子・琴美ちゃんへのしつけも徹底していました。単身赴任を終えた夫と久しぶりに暮らし始めると、超マイペースな夫の態度が目に余るように。娘の相手もせず、家事も育児も妻がやって当たり前、さらには2人目妊活に対しても価値観が完全にズレてしまったことを痛感し、ついに離婚に踏み切ったのでした。

※本記事はおぐら なおみ著の書籍『働きママン 学童保育終了で大ピンチ!編 小学4年生の壁をよじ登れ!』から一部抜粋・編集しました。

この記事に共感したら

Information

LINEお友だち追加バナー

おすすめ読みもの(PR)