「おごってやるよ」夏休みを自由に過ごす小4長男に魔の手?学童終了後の壁にぶつかるワーママ/働きママン 小学4年生の壁をよじ登れ!(6)

#育児・子育て   
自転車で町を徘徊中

『働きママン 学童保育終了で大ピンチ!編 小学4年生の壁をよじ登れ!』6話【全6話】


「ワーキングマザー」という言葉がすっかり浸透した昨今ですが、世の働く母親たち一人一人の置かれている状況は「ワーママ」というひと言では語りつくせぬほど多種多様です。
そして「ワーママ」の日常をより密度の濃いものにしているのが「子育て」。仕事の進捗はもちろん、健康の問題、老後資金の不安…、考えなきゃいけないことは山ほどあるけど、とにかく目の前の子どもがよく食べよく眠り、元気に育って楽しく学校に通ってくれることが何より…!という人が多いのではないでしょうか。

建築資材を扱う会社に勤める一ノ瀬圭子さん。2度の育休から早幾年…。長男・太郎くんは小4、長女・ゆりちゃんも小1に。夫婦ともにフルタイムかつ激務で、毎日全力で仕事&育児にまい進中です。
そんな中ついに学童保育が終了した太郎くん。下校後は自宅でひとり過ごすのですが、「本当に大丈夫なの!?」と不安を覚えずにはいられない一ノ瀬さん。さっそく太郎くんは自宅の鍵を紛失、黙って友人の家へ遊びに行ったり、宿題は手付かずなのに保護者印を勝手に押すなど、悪い予感は的中してしまいます。
そうこうするうちに夏休みに入り、太郎くんの自由時間はさらに拡大。仕事に向かう母親と保育園に行く妹を見送ると、気ままに食事を取り、自転車で町へ繰り出したのですが…。

※本記事はおぐら なおみ著の書籍『働きママン 学童保育終了で大ピンチ!編 小学4年生の壁をよじ登れ!』から一部抜粋・編集しました。

この記事に共感したら

Information

LINEお友だち追加バナー

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //