夫婦だって考え方は違うもの。早めのすり合わせで不安や不満を持ち越さない!

#趣味   
自分の「家族観」を押しつけない


家事と育児で消耗し、毎日ヘトヘトの妻。それに気づかず、自分ではイクメンのつもりの夫…。どうしてこんなに噛み合わない!?と思ったことはありませんか?

「夫婦の溝」は、深くなると修復が難しくなってしまうもの。3人の子を持つ著者の渡辺大地さんは、家族が幸せでいるためには、互いに気持ちを伝えて夫婦間のすれ違いを解消することが必要不可欠だと言います。

そのヒントになるのが、実体験を元に導き出したという「夫婦のパートナーシップ学」。渡辺さんのエピソードを通して、家族のさまざまな問題を上手に乗り越えていきませんか。

学費も生活費もすべて自腹の貧乏学生ダイチさんと、へそ出し金パツ女子大生のコトミさん。まったくタイプは違うけれどお互いの良さに惹かれ合って結婚し、2人目の子どもを授かりました。ケンカすることも多いけれど、壁にぶち当たるたび一緒に解決してきた2人。今度はどんな課題が出てきたのでしょうか。

この記事に共感したら

Information

LINEお友だち追加バナー

おすすめ読みもの(PR)