料理を立ち上がって取りにいくのはNG! 中華料理の楽しみ方

#くらし   
中華料理は食べられる分だけを取り分ける

『40歳までに知らないと恥をかく できる大人のマナー260』 20回【全30回】


会食、近所や親戚付き合い、冠婚葬祭、お金と贈答…。日常のさまざまなシーンで、何が正解か迷ったことはありませんか?
そんなシチュエーションに備えて、エチケットを学んでおきたいものです。
今回はいざというときに迷わない、「大人」の基本満載のマナーをご紹介します。

中華料理は食べられる分だけを取り分ける


大皿で供されることが多い中華料理。回転式の円卓の場合、ターンテーブルは時計まわりにまわしましょう。上席の人から順に自分で料理を小皿に取り分けていただきます。

全員が食べられる量だけを取り分けて、まだ料理が残っていたらおかわりをしても構いません。料理を立ち上がって取りにいくのはNG。テーブルをまわして自分の近くに持ってきます。

本場中国では、すべての料理を食べきってしまうと、「料理がたりない」という意味になるので、ホストの顔をつぶさないように少し残すのがマナーといわれますが、日本のお店ではおいしく最後まで食べるほうが現実的ではないでしょうか。

作=岩下宣子

【著者プロフィール】
岩下宣子
「現代礼法研究所」主宰。NPOマナー教育サポート協会理事・相談役。30歳からマナーの勉強を始め、全日本作法会の故・内田宗輝氏、小笠原流・故小笠原清信氏のもとでマナーや作法を学ぶ。現在はマナーデザイナーとして、企業、学校、公共団体などで指導や研修、講演会を行う。近著に『相手のことを思いやるちょっとした心くばり』(三笠書房)がある。

※本記事は岩下宣子著の書籍『40歳までに知らないと恥をかく できる大人のマナー260』から一部抜粋・編集しました

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)