母を亡くし、ベートーベンの生活は一変! 故郷で弟たちの世話と音楽の仕事で多忙な日々が始まった

#趣味   
音楽に集中できた生活も一変した

年末になると、日本各地で盛んに演奏されるベートーベンの「第九」(交響曲第9番「合唱付き」)。特に第4楽章の「歓喜の歌」は、年の瀬の風物詩と言えるほどおなじみですよね。この曲、実はベートーベンが聴覚を失ってから作曲したということをご存知でしょうか?

ベートーベンは幼少期から音楽家の父の厳しいレッスンを受け、自らも努力を重ねて作曲家としての成功をつかみました。ところがすべてが順調だった20代後半から、「耳が聞こえなくなる」という困難に襲われます。

絶望的な状況の中でも、名曲を生み出し続けた原動力とは何だったのか――。偉大な作曲家ベートーベンを思い起こすこの時期、青年期のエピソードから、彼の創作にかける情熱と不屈の精神に触れてみませんか。


この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)