「犯罪者の子ども」と呼ばれ 父の過ちから心を閉ざした男子学生の叫び

#趣味   
親が犯罪者ってどんな気持ち?

ギャンブル、覚醒剤、アルコール、ゲーム…。「依存症」は誰もが陥る可能性がある身近な病気と言えます。しかし依存症による言動や周囲に及ぼす影響といった実情を、当事者以外が知ることはあまり多くないかもしれません。
今回は子どもの視点から見た、薬物依存症の父親によって家庭が崩壊の危機に陥ったケースを見ていきます。

とある学校に転校してきた男子学生・ナオくん。同級生のケイスケくんやミホさんに話しかけられても言葉は少なく、かたく心を閉ざしている様子。ミホさんが夕食中にナオくんの話題を出すと「その子とはつきあうな」と両親からきつく忠告を受けます。ナオくんの家庭は問題を抱えている…?それ以降ミホさんは罪悪感を持ちつつも、ナオくんに対しよそよそしい態度を取るようになります。
遠巻きにうわさ話をするクラスメイトや冷たくあたる母親など、自分以外を疎ましく思っていたナオくん。唯一明るい性格のケイスケくんには心を開きかけていました。しかしその直後、ある話題で盛り上がるクラスメイトの口から、ナオくんがひた隠しにしてきた衝撃の言葉を浴びせられてしまうのです。


この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //