2023年「天秤座」の運勢は?開運方法を教えて~!!立木冬麗の「星よ、叱って。励まして。」占いSPECIAL

#趣味   
2023年「天秤座」の運勢は?開運方法を教えて~!!立木冬麗の「星よ、叱って。励まして。」占いSPECIAL

気になる2023年あなたの運勢は?
雑誌「レタスクラブ」で大人気連載中の星のメッセンジャー・立木冬麗さんにお聞きしました。

2023年「いい波」に乗るためには…?

2023年をひと言でいい表わすなら、とにかくゴージャス!です。これは金星の動きによるもので、6月から10月の長期間にわたって獅子座を運行します。金星は愛情と喜びをつかさどるラッキースターであり、女性のシンボルです。獅子座は百獣の王というイメージどおりたくましく、またぜいたく志向といった面もあります。この金星と獅子座の組み合わせは最強タッグといえるかもしれません。

日本、ことに東京はたくさんのセレブリティたちがかっ歩し、経済不況などどこ吹く風といったところです。ブランドショップには長蛇の列ができ、ハイクラスの商品が飛ぶように売れ、デパ地下にはまばゆいスイーツが並びます。俳優、モデル、アスリートなど、各方面からスーパースターが登場し、世界中のため息を誘うことになるでしょう。テーマパークは多くの人でにぎわい、大混雑の人気スポットに。

その一方で、喜んでばかりもいられないのが二極化問題です。ツイている人はさらに上昇し、弱者は悪循環にはまっていくという、何とも理不尽な現象が推し進められていきます。どうしたら「いい波」に乗れるのか、まずはあなたにとってのノアの方舟を見つけることが大切でしょう。いつも朗らかで機嫌がよく、公私ともに充実している人の近くにいると、見えないバリアが災いから遠ざけてくれるはず。星座でいうと牡羊座、牡牛座、獅子座がベスト3なので、家族にいたら心強いですし、友達としてもお近づきになっておきたいもの。

2023年のターニングポイントがどこにあるのか、最初に気にかけておきたいのは土星の動きです。3月8日に水瓶座から魚座へと移行するのですが、土星は試練をサインとする惑星なので、魚座の指し示すものが下火になっていくことを意味します。お酒やサービス業、芸術、宗教、薬関連は低迷、そして水関連のトラブルが頻発するかもしれないので、地域のハザードマップを確認しておいたほうがよいかもしれません。次は5月18日、大吉星・木星が牡牛座入りすることによって、世の中の雰囲気が一変するでしょう。無機質かつアグレッシブなものがもてはやされていた風潮から、植物やアートなどの美がクローズアップされるようになり、ファッションもとりわけ華やかなスタイルが主流に。

また、金融業界は盛況を取り戻しそうなので、転職を考えている人はヒントにしてみて。11月以降はシビアな星回りとなり、どの星座も浮かれ気分ではいられなくなるはず。成し遂げたいことがあったら早めに決断し、始動を。

1月30日、3月8日、4月11日、5月29日、6月4日、7月9日、8月9日、9月22日ごろは地震の兆しがあるので、頭の隅っこに入れておいてください。腸や婦人科系、アレルギー性疾患などの持病を抱えていたら、いつも以上のケアが必要です。残念ながら博愛主義は軽んじられ、利己的な人が得をする傾向があるため、お人よしの人も勝負どころでは強めのアピールを。

2023年「天秤座」の運勢は?

2023年「天秤座」の運勢

●総合運

2023年は、12年に一度の結婚運でスタートします。

独身であれば、運命のパートナーと巡り合えるかもしれません。

既婚者は、夫にうれしいニュースが舞い込むでしょう。

初夏から秋は交際が華やかになり、家族ぐるみでつきあえる仲間と縁あり。

●開運のポイント

全体的にラッキーイヤーとなりますが、健康運がやや不安定です。

気になっている症状があれば、すぐに検査を受けるようにしてください。

ストレスをため込まないよう、規則正しい生活習慣を身につけたいもの。

お酒やスイーツもほどほどに。


イラスト/green K 編集協力/岩佐つくみ

この記事に共感したら

Information

<レタスクラブ ’23年1月号より>


星のメッセンジャー 立木冬麗
たちき・とうれい●星占いの祖、故・錢天牛(せん・てんぎゅう)氏に師事。フランス占星術・ソーラーシステムを基礎より学び、現在に至る。「星が発するメッセージを一人でも多くの人たちに伝えること。そして、人々の心にリラクセーションと生きる力、プラスイオンをいっぱいに与えることが使命」と考える。あえて「星占い師」という名を捨て、「星のメッセンジャー」と名乗るゆえんである。ファンクラブサイト「Golden Star Gate 立木冬麗」にて会員募集中。






雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’23 1月号』は「やせ体質になる!太らないごはん」▼

我慢したくないけど、太りたくない!そんな人にピッタリな今号の特集、「やせ体質になる!太らないごはん」/この冬、食べてやせるレシピをたくさんご紹介しています/ダイエットの成功者が食べている「罪悪感ゼロフード」/名店に教わる「極上すき焼き」/別冊付録「豚こま77レシピ」/献立の悩みから解放される!と話題の「献立カレンダー」/「白菜使い切りBOOK」/オトナのNEWS連載は増田貴久さんが登場/コミックエッセイも多数!/レタスクラブ1月号をぜひお楽しみください。




LINEお友だち追加バナー

おすすめ読みもの(PR)