「孫の手」は「孫」が由来じゃなかった!もともとは若くて美しい女性の手!?/大人の最強雑学1500(21)

#趣味   
「孫の手」の由来

『大人の最強雑学1500』21話【全31話】


普段何気なく使っていた言葉にはこんなルーツが!
そもそも、これってどう意味?

情報にあふれた現代でも、意外と知らないことって多いですよね。知って得するものからびっくり仰天する驚きのネタまで、幅広い雑学ネタを知っておけば、人との会話に困らないかも…? 
文系理系じゃくくれない「大人の教養」から、厳選したおもしろ雑学をお届けします。

※本記事は雑学総研著の書籍『大人の最強雑学1500』から一部抜粋・編集しました。


「孫の手」はもともと若く美しい女性の手


竹材などの先端を手首の形にした「孫の手」は、手が届かない背中をかくのに用いる棒だ。

そもそもこの「孫の手」とは、中国の伝説「神仙伝」に登場する仙女「麻姑(まこ)」に由来する。麻姑は、後漢の桓帝(かんてい)の時代に姑余山で仙道を修得した、若く美しい仙女。彼女の鳥のように長い爪で背中をかいてもらうと、とても気持ちがよかったという。

この逸話が日本に伝わって、背中をかく棒を「麻姑」と呼ぶようになり、いつしか言葉の語呂から、「孫の手」と呼び名が変わったそうだ。

英語の「ガイ(男)」は“危険な男”だった


「ナイスガイ」「タフガイ」など、男や奴を表す英語に「ガイ(guy)」がある。この言葉は、1605年にイギリスの国会議事堂を爆破しようとしたガイ・フォークスという人物にちなんでいる。国教会を優遇する国王に反発した、カトリック教徒の彼は、王の爆殺を企てたものの犯行直前に摘発され、処刑されたという。

ガイはもともと、変な男、悪い男などの意味で使われていたが、やがて、一般的に「男性」を指す言葉として広まっていった。

現在では、ガイ・フォークスを「自由の戦士」と英雄視する人もいる。彼をイメージした、不気味に笑うヒゲを生やした白い顔の仮面は、「アノニマス」をはじめとするハッカー集団のシンボルにもなっている。

英語の「ガイ(男)」は〝危険な男〞だった

著=雑学総研/『大人の最強雑学1500』

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //