「草むらに行け」香川照之が四つん這いで昆虫を追いかける「昆虫すごいぜ!」に続編希望の声殺到!
俳優業でもカマキリ役が来るかも?

ドラマ「半沢直樹」(TBS系)や映画「ゆれる」などで迫真の演技を見せ、多くのファンを持つ香川照之。俳優としてはお馴染みですが、素の表情はあまり見る機会がありません。しかしNHKで放送された「香川照之の昆虫すごいぜ!」では、めったに見ることのできない真の素顔を見せ「香川照之凄いぜ!」と話題になりました。


■香川の情熱に視聴者から絶賛の声

「香川照之の昆虫すごいぜ!」はカマキリの着ぐるみを纏った俳優歴28年の香川が、過酷なロケを通して昆虫のすばらしさを伝えるという番組。第2弾まで放送されているのですが、第1弾が放送されたのが昨年の10月。まず視聴者が驚いたのは香川の姿でした。昆虫好きの香川は“カマキリ先生”に扮しており、着ぐるみは頭から尻尾、足の先までリアルにカマキリを再現。これは香川が監修したもので、本人も「この格好にはこだわりを持っています!」と誇らしげにコメントし、顔の出ている部分を手で隠し「こうするとカマキリにしか見えない」と自信満々でした。

この姿には視聴者も「こんなキラキラしてる香川照之見たことない」「顔がマジなんですが(爆)」「子どもと一緒に笑い転げてます」と絶賛の声が。

さらに香川は“子カマキリ”役の山内芹那に昆虫を触ったことがあるかと質問。山内がカブトムシを触ったことがあると言うと、「デパートで買ったやつじゃねぇだろうな!」「デパートは昆虫がいるところじゃない! 草むらに行きなさい」「先生は草むらを見るとムラムラしちゃう」と力説します。これにはネット上でも「テンション高すぎて笑いが止まらない」「やめて、腹筋崩壊しそう」といった声が続出。

同放送は“トノサマバッタ”がテーマだったため、香川はムラムラしちゃうという草むらに。動きやすいジャージ姿で四つん這いになり、必死でバッタを追いかけたり、「息を吹きかけると虫が動いたりする」と豆知識を披露する姿が映し出されました。


■第2弾でさらに暴走を見せる香川照之

第1弾に魅せられた子供たちからファンレターが多数届いたようで、今年5月には“モンシロチョウ”がテーマの第2弾を放送。コスチュームは香川監修のもと、さらに微妙な色合いを調節、脚の内側にあるブラシも装着してグレードアップしています。香川も「もうカマキリにしか見えないな!」と一人で大はしゃぎ。草むらで昆虫採集を行った際は、「クビキリギス」という昆虫を見つけ、「チョウはどうでもよくなりました! かまきり先生、こちら大好物でございます」と番組のテーマを放棄して興奮状態に陥っていました。

第1弾、第2弾の好評を受けて再放送も幾度か実施。初めて見たという人からは、「香川照之こんなことやってたの!? 衝撃なんだけど」「こんな面白い番組を見逃していたとは」という声がちらほら。また再見の人たちも「何回見ても笑える」「改めて香川照之凄いぜ!」と大満足だったようです。


「続編制作して!」と熱望する声も少なくない「香川照之の昆虫すごいぜ!」。これだけ反響が上がっていることを考えると、第3弾も期待できそうですね。