土用の丑の日にウナギを食べるのはなぜ?夏バテ防止のため?/子どもに話したい雑学(12)

#趣味   
土用の丑の日にはウナギを食べるのがお約束。この習慣は一体いつから?

『頭のいい子が育つ! 子どもに話したい雑学』12回【全56回】


「子どもの好奇心を高めたい」
「わが子に尊敬されたい!」
「日々のコミュニケーションの中でいろんなことを教えてあげたい」

そんな時に役立つ、子どもをもつ親たちにぜひ知っておいてほしい教養系雑学をご紹介します。子どもが思わず「パパ、ママ、すご~い!」と言ってしまう“おもしろ知識”や“生活の知恵”。

学校では教わらない“タメになるうんちく”を、子どもとの会話の中でさりげなく話してみましょう。コミュニケーションをとる際に必要な「教養」になるとともに、きっと子ども自身の「好奇心」をも刺激するはずです!

※本記事は多湖 輝監修の書籍『頭のいい子が育つ! 子どもに話したい雑学』から一部抜粋・編集しました。


なぜ土用の丑の日にウナギを食べるのか?

暑さの厳しいさなか、土用の丑の日にはウナギを食べるのがお約束。この習慣が広まったのは、江戸時代中期からだといわれている。

「夏は客足が落ちて困る」とウナギ屋に相談された蘭学者の平賀源内が、「丑の日はウナギの日」という宣伝文句を考えたそうだ。しかし、その真偽のほどは定かではない。

日本では、すでに万葉集の時代に、「ウナギは夏やせにいい」と考えられていた。大伴家持の歌に、夏やせした人にウナギを食べるようすすめている内容のものがある。

江戸時代には、土用の丑の日には、夏バテ防止のためにウナギ、梅干し、うどん、瓜など「う」のつくものを食べる慣わしがあった。また、ウナギ、フナ、コイ、ナマズ、シジミ、ナスなど黒いものを食べるのもいいとされていた。源内が考えたといわれる宣伝文句は、これらを踏まえたものだったのだろう。

土用というのは、陰陽五行説による暦で、立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間のこと。つまり年に4回あるのだが、現在では「土用の丑の日はウナギ」があまりに有名になったため、もっぱら夏に用いられている。

監修=多湖 輝『頭のいい子が育つ! 子どもに話したい雑学』(KADOKAWA)

楽天ジャンル別ランキング(【楽天市場】ランキング市場 【干しいも】)

  1. 1 1
    【楽天総合ランキング1位獲得】干し芋 訳あり 1kg 干しいも 訳アリ 国産 無添加 茨城県産 紅はるか べにはるか 切り落とし 干し 芋 スイーツ お菓子 和菓子 さつまいもスイーツ さつま芋 和スイーツ 食品 食べ物 お取り寄せスイーツ N

    【楽天総合ランキング1位獲得】干し芋 訳あり 1kg 干しいも 訳アリ 国産 無添加 茨城県産 紅はるか べにはるか 切り落とし 干し 芋 スイーツ お菓子 和菓子 さつまいもスイーツ さつま芋 和スイーツ 食品 食べ物 お取り寄せスイーツ N

  2. 2 2
    【楽天5のつく日!P10倍!】 訳あり 干し芋 800g シロタ 紅はるか 茨城県産 訳あり 無添加 おやつ わけあり 規格外品 大容量 干しいも ほしいも ほし芋 芋 茨城県産 国産 送料無料 添加物不使用 自然食品 食物繊維 和菓子 お菓子 スイーツ さつまいも

    【楽天5のつく日!P10倍!】 訳あり 干し芋 800g シロタ 紅はるか 茨城県産 訳あり 無添加 おやつ わけあり 規格外品 大容量 干しいも ほしいも ほし芋 芋 茨城県産 国産 送料無料 添加物不使用 自然食品 食物繊維 和菓子 お菓子 スイーツ さつまいも

  3. 3 3
    【新物】 干し芋 800g+200g 国産 訳あり 1kg 天日干し シロタ 紅はるか ほしいも 無添加 茨城県産 茨城 ほし芋 紅はるか べにはるか 芋 スイーツ お菓子 和菓子 さつまいも さつま芋 お取り寄せスイーツ さつまいもスイーツ 訳ありスイーツ 干し芋国産 干し芋紅はるか w1

    【新物】 干し芋 800g+200g 国産 訳あり 1kg 天日干し シロタ 紅はるか ほしいも 無添加 茨城県産 茨城 ほし芋 紅はるか べにはるか 芋 スイーツ お菓子 和菓子 さつまいも さつま芋 お取り寄せスイーツ さつまいもスイーツ 訳ありスイーツ 干し芋国産 干し芋紅はるか w1

このサイトで掲載されている情報は、レタスクラブの作成者により運営されています。価格、販売可能情報は、変更される場合があります。購入時に楽天市場店舗(www.rakuten.co.jp)に表示されている価格が、その商品の販売に適用されます。
Rakuten Web Service Center

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)