かたまりがちな砂糖の保存どうしてる? 年中さらさらキープの保存法 画像(1/6) 正しく保存しないとかたまりがちな砂糖、ダニ発生が怖い小麦粉

梅雨があけたとはいえ、まだまだ湿気が多いこの時期。ちょっと油断してたら、砂糖がかたまって使いにくくなってた、ということありませんか。また、使いかけの小麦粉は正しく保存しないとアレルゲンになるダニが発生しやすい食材です。

そんな粉物を正しく収納&保存する方法を、家事代行サービスCaSy(カジー)のプロ・隈河(くまかわ)綾子さんに教えてもらいました。


【粉物は保存用密閉容器へ】

小麦粉や砂糖などでチャックがない袋入りのものは、保存用密閉容器へ移し替えての保存がベストです。適当な容器がなく移し切れない場合は、袋の切り口を小さくするなど開封するときから工夫して。


■密閉容器保存

かたまりがちな砂糖の保存どうしてる? 年中さらさらキープの保存法 画像(3/6) 【写真を見る】砂糖や塩は、保存用密閉容器に移し替えて。小麦粉も密閉保存がマスト!

砂糖や塩は保存用密閉容器に移し替え、ガス台近くの棚など調理時に使いやすい場所へ。密閉できない容器はしけやすいので×。ガス台に出しっぱなしも油はねなどで汚れるので NG。


■移し切れる容器がない場合は…

かたまりがちな砂糖の保存どうしてる? 年中さらさらキープの保存法 画像(7/6) 全量移し切れる容器がない場合は、袋の口を少しだけカット

袋は口を全部切らず、隅を少しカットして。袋から空気を抜き、切り口を一度折ってからグルグル畳んで輪ゴムで留め、保存用密閉袋へ。

密閉容器は軽くて、ふたの開閉が簡単なものがベスト。また、安いからと大袋を買うのではなく、容器に入る量だけ買うなど購入時から気をつけることも大切です。