格安スマホにのりかえ後“よくある疑問”を解消! ためになる3つのQ&A 画像(1/2) 機種変更したくなったら、新しい端末へSIMを差し替えるだけ。ただし分割購入している場合は未払い分を払う必要あり
機種変更したくなったら、新しい端末へSIMを差し替えるだけ。ただし分割購入している場合は未払い分を払う必要あり

家計の助けになるから!と格安スマホにのりかえたのはいいけれど、そのあと「これってどうしたら?」と悩んでいる人は意外と多いよう。そこで、のりかえ後のよくある疑問を解決します!


Q. 機種変更したくなったら?

A. 分割の場合は残金の支払いが必要。新しい端末へSIMを差し替えるだけ

回線と端末が結びついていないので、新しい端末を購入したら、SIMを差し替えれば使えるようになります。ただし分割で購入した場合は、未払い分の料金を払う必要があります。


Q. 写真やアドレス帳をバックアップするには?

格安スマホにのりかえ後“よくある疑問”を解消! ためになる3つのQ&A 画像(3/2) 【画像を見る】写真やアドレス帳をバックアップするには?
【画像を見る】写真やアドレス帳をバックアップするには?

A. GoogleやAppleのサービスを活用しましょう

バックアップサービスを独自に提供している格安スマホは少ないので、ユーザーが自分で対応する必要あり。GoogleやAppleは独自のアドレス帳サービスや写真のバックアップ機能を提供しているのでおすすめです。


Q. 解約金はかかるの?

A. 高額な解約金を課すサービスは少ないですが、MNPでの移動は注意

通話つきのプランでも解約時の縛りがないサービスは多いです。ただしMNP(※)でほかのサービス会社に移動する場合は、¥10,000以上の手数料がかかるケースもあり、要注意。

※MNP=モバイル・ナンバー・ホスピリティ。これを使えば電話番号はそのままで格安SIMにのりかえ可能。各通信会社の問い合わせ窓口に電話すればMNP予約番号(15日間有効)が入手できる。


格安スマホは、大手通信会社とはサポート内容が異なるため、できることとできないことが。そのメリットデメリットまでしっかり知っておきたいものですね。