29日は「肉の日」。おいしい国産肉を食べて、夏バテを吹き飛ばそう!
ソーセージ・ハムギフトセット 3000円相当

厳しい残暑で疲労が蓄積されやすいこの時期。体力や食欲が低下するなど夏バテの症状に悩まされていませんか? こんなときこそ、スタミナのつく食事をしっかり摂って、元気をチャージしたいものですね!

スタミナ不足とは、簡単にいうと「たんぱく質不足」のこと。たんぱく質は筋肉や体組織の修復、血液の生成などに欠かせない大事な栄養素で、これが不足すると体力の低下や疲れを感じやすくなるそうです。その大事なたんぱく質と、その力を効率的に利用するためのビタミンやミネラルを同時に自然な形で摂ることができるのがお肉! 牛、豚、鶏、それぞれ高い栄養がありますが、特に夏の疲れに効くといわれているのが豚肉で、疲れを取るクエン酸を含む食品(酢、レモン、梅干しなど)と一緒に摂取すると効果的です。酸味には食欲増進の効果もあるので、夏バテに悩む人にとって豚肉×酸味のレシピはパーフェクトな1品といえるかもしれませんね。

全国食肉事業協同組合連合会では、JA全農(全国農業協同組合連合会)と共同で「毎月29日は肉の日」(にく=29)として、国産食肉の消費拡大のためのキャンペーンを実施中。特にことしは「平成29(肉)年」であること、また「8月29日は焼肉(829)の日」ということもあり、大いに盛り上がっています。今回はそのキャンペーンの一環として、3000円相当の「ソーセージ・ハムギフトセット」を5名様にプレゼント! 国産の豚肉を使用した風味豊かな味わいは、厚めに切ってソテーにすれば豪華なディナーに。また、お弁当のおかずにもぴったりで、冷蔵庫にあると重宝しますよ!

焼き肉やしゃぶしゃぶなど、家族や仲間と食卓を囲むときにお肉があると盛り上がりますよね。食べ放題のお店も増えているので、老いも若きもお肉をガッツリ食べて、夏バテを撃退しちゃいましょう!