台風シーズン目前! もし自宅が壊れたら国からの支援ってあるの? 画像(1/2) ゲリラ豪雨や台風、地震などの自然災害。あなたの家は大丈夫?

ことし7月、九州北部を集中豪雨が襲いました。この災害で大切な住まいを失った方も多いことと思います。お見舞い申し上げます。これからの台風シーズン、決して他人事ではないのが自然災害です。だからこそ、知っておきたい情報をおさえておきましょう。


【毎年のように起きる災害。もし住まいを失ったら、国からの支援は?】

台風シーズン目前! もし自宅が壊れたら国からの支援ってあるの? 画像(3/2) 【写真を見る】もし自然災害で自宅が被害を受けたら、国はどこまで支援してくれる?

自然災害で家を失った場合、残念ながら国からの助けはあまり期待できません。住宅はあくまで私有財産のため、国が税金を投入するのには限度があるのです。「被災者生活再建支援法」により、家が全壊したとき100万円、大規模半壊で50万円の支援金が出ます(基礎支援金)。

さらに住宅を再建する際に200万円、補修に100万円、賃貸住宅を借りる人に50万円が支給されます。全壊したうえ、新しい住まいを建設・購入した場合でも最高 300万円しか受け取れないのです。再度、今入っている火災保険や地震保険の補償内容を確かめておきましょう。


地震や台風などはいつ発生してもおかしくないうえ、誰もが被害に遭う可能性が。国にできる支援には限りがあることを理解して、保険の見直しを。自分の家は自分で守るしかありません!