正しい歯磨き。その前に気をつけたい2つのポイント

虫歯を防いで健康な歯を保つためには、歯磨きあるのみ。歯を磨く前に心がけておきたいのが、下に挙げた2つのポイント。大切なことなので、少しずつでも習慣にしていきましょう。


【歯磨き前に…食べたら鏡の前に立って!】

●鏡の前で磨くと、磨き残し減!

テレビを見ながら歯磨き……なんてしていませんよね? 鏡の前で、きちんと口の中を見ながら歯磨きをするだけで、ぐっと磨き残しが減ります。磨き残しの歯こう(細菌などのかたまり)は、かたい歯石に変わり、虫歯や歯周病を悪化させるもとに。

●3食のあとに毎回磨く!が基本

食後は、虫歯の原因になる“酸”が多量に発生するため、毎食後の歯磨きで口内を“中和”させます。また、虫歯菌は就寝中に増えるので、起床時と就寝前に磨くことも大切。時間がない朝は、起床時に念入りに磨き、朝食後はすすぐだけでもOK。

いかがですか? 磨く前より基本の心がけ、できていましたか? テレビを見ながら磨いてた~!という人は、早速“鏡の前”を習慣に。