あなたは大丈夫? 秋に出やすい夏の肌ダメージに注意しよう

しっかり肌を潤わせたいけれど、ついスキンケアはすっきりさっぱりで終わらせがち…な人は危険! この時期は特に、夏の疲れが肌に集中して潤い不足になりがちです。化粧水の塗りモレが発生しがちな所は、肌が老けやすくなります。早速、気をつけたい所をチェックして。

 

■ 【肌の夏枯れはココに出る!】

<おでこ>

●頭皮の乾燥も防ぐため入り口部分の保湿は大切

頭皮は顔に比べバリア機能が低く、乾燥もしやすい。その入り口となるおでこ、特に髪の生え際をしっかり保湿することが大切です。

<耳の後ろ>

●いつもまとめ髪だと紫外線はこんな所にも届く

まとめ髪やハーフアップで夏を過ごした人は、耳はかなり日焼けしていると覚悟して! 耳の後ろは盲点です。

<首からデコルテ>

●日ざしのはね返りを受けまくり! そして汗で日焼け止めも流れやすい

紫外線は地面からはね返ってくる場合もあります。汗や汚れがたまる所なので、夏のダメージも集中しやすいのです。

<目もと>

●皮膚がとても薄い部分だからダメージは5倍!

顔のほかの部位より皮膚が薄いにもかかわらず、アイメイクのクレンジングで、摩擦を受けやすい目もとは乾燥しがち。

<小鼻>

●いつも脂っぽいからと保湿を怠けやすいゾーン

乾燥状態から守るために出る小鼻の脂分をしっとり感と勘違い。さらに脂分を余分に拭き取りがちで、かえって乾燥しやすい。

<口の周り>

●塗りモレしやすいゾーンは夏の疲れでしぼみやすい

汗をかきやすい鼻の下、汗がたまりやすい下唇の下など、口まわりは水分が蒸発しやすいので、この時期の隠れ乾燥スポット。

鏡の前で早速チェック! あなたの肌は大丈夫?