手軽にデコれるマスキングテープでハロウィンスイーツを自作しよう! 画像(1/2) 「KITTA」を使ったハロウィンのデコレーション。思うがままにいろんなオバケを生み出そう

もうすぐハロウィン。ハロウィンのパーティーに欠かせないものといったらお菓子ですよね。手作りしたいけど、そんな時間も自信もないという人に、手軽にできるラッピングで勝負してみてはいかが。

クラフトプランナーのコクボマイカさんが教えてくれるのは、マスキングテープやシールで市販のお菓子をかわいくラッピングするデコレーションのワザ。オリジナリティーあふれる「マシュマロBOX」が誰でも簡単に作れます。

まずは、基本のオバケかぼちゃの作り方。使用するのは、コンパクト持ち歩けるマスキングテープ「KITTA(キッタ)」と、ダイアリーシール「KITTA(キッタ)」。透明な袋に個包装になっているマシュマロと、それをまとめて入れる透明ボックスも用意します。

最初にダイアリーシールのサークルを、個包装のマシュマロに2個並べて貼って目を作ります。次に、マスキングテープ「KITTA」のチェック柄から好きなものを選んで、口の形に切って貼り付けます。最後に、油性ペンで鼻とヘタの部分を書き足したら、オバケかぼちゃの完成。シールを貼るときはピンセットを使うと簡単です。


手軽にデコれるマスキングテープでハロウィンスイーツを自作しよう! 画像(3/2) 【写真を見る】オバケかぼちゃが簡単に作れる!

さらに、透明ボックスにマスキングテープとシール、油性ペンで自由にデコレーションして、完成したオバケマシュマロを詰めたら、「マシュマロBOX」の出来上がりです。もちろんマシュマロ以外のお菓子でも大丈夫。1から作るよりもずっと簡単に、あなただけのオリジナルなスイーツが作れます。

ちなみに、マスキングテープやダイアリーシールの「KITTA」シリーズはデザインが豊富。アイディア次第でバラエティーに富んだユニークなオバケがいくらでも作れます。子どもたちと一緒に作っても、ワイワイと盛り上がって楽しそうですよね。

とっても簡単で、子どもにも喜んでもらえそうなこのアイディア。ちょっとしたひと手間で、思い出に残るハロウィンを演出してあげてくださいね。