自分が正しいと思っている母に爆発しそう【女の悩みにズバリ回答】

#くらし 
何でも自分が正しいと思っている押しつけがましい母


人間生きていれば悩みはいろいろ。まして、女ともなれば、妻、母、嫁…いろいろな立場でのいろいろな悩みが。誰かに相談することで、少しでもラクになりませんか。今回は作家の桜木紫乃さんが「自分が正しいと思っている母とのつきあい方」についてアドバイスしてくれます。

 

お悩み


母が、何でも自分が正しいと思うので困っています。特に料理。カレーの玉ねぎは乱切りであるべき、お好み焼きはウスターソースで食べるべき、すき焼きは牛ではなくチキン……など。カレーの玉ねぎを薄切りにしたときは「違う!」とどなられました。

「カレールーの外箱の写真は薄切りの玉ねぎだよ」と言っても「乱切りが常識」の一点張り。一緒に住んではいませんが、会ったり電話で話したりすると万事そんな感じで、時々爆発しそうになります。

(広島県 korowan ?歳)

 

桜木さんの回答


自信のある料理のことで、生意気な娘にあれこれと言われたくない、これ人情。毎度強気の実母は、正直とってもうっとうしいけれど、裏を返せば「まだ元気」。

おしつけも強気発言も健康の証と思って、しっかり距離を置いておきましょうよ。会うのも電話も「さびしい&必要」なとき。心身健康の秘訣です。

この記事に共感したら

Information

回答者:桜木紫乃さん
さくらぎしの/作家。北海道生まれ、在住。子ども2人を育てながら作品を発表。2013年、『ホテルローヤル』で直木賞を受賞。最新刊は『氷の轍』(小学館)。

イラスト(桜木さん似顔絵)=伊藤和人


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //