食べるだけじゃもったいない! 話題の「みかんアート」にトライしてみない?

#くらし 
1個のみかんからスターは2つできる!


冬のだんらんに欠かせないみかん。おいしく食べる前に、すてきに皮がむけたら家族の話題も盛り上がること間違いなし! 早速トライしてみませんか?

 

用意するもの


【写真を見る】丸いみかんを囲んで家族も丸~く!


●みかん 新鮮なみかんは皮が破けやすいので注意。

 

どれも身近にあるものばかり


●赤&黒のボールペン 油性タイプで、太さ0.7~1mmがおすすめ。※インクが消えにくい場合は、エタノール(消毒用アルコール)を含ませたティッシュで拭くときれいに落ちます。

●消しゴム 描いた線を間違えたら、乾く前にすぐに消して。

●竹串 皮と実を離すときに使用します。

●カッター 一般的な工作用のカッターでOK。※子どもがカッターを使う場合は、ケガをしないように大人の監督下で行なうようにしてください。

 

みかんのむき方


1. 赤ボールペンで十字のガイドを入れる

ガイドとは中心線のこと


1つのみかんを、底面(天・地)、側面(前・後・左・右)の6面の立方体と捉えて、むき方を紹介します。各面を真上から見るようにし、それぞれの面に赤のボールペンで十字のガイド(中心線)を入れます。

 

2. 黒ボールペンでモチーフの線を入れていく

イメージしやすい面からモチーフの線を描いていく


次にイメージしやすい面から黒のボールペンでモチーフの線を描き始めます。そこから各面に線をつなぎ、全部の黒線を描きましょう。球体なので端が落ちくぼんで描きづらいですが、写真をよく観察すれば大丈夫。

 

3. カッターで切れ目を入れていく

カッターではなく、みかんをくるくる動かす感じで


カッターの刃先を少しだけ出し、黒のモチーフ線に沿って切り目を入れます。カッターを動かすのではなく、手に持ったみかんをくるくる回しながら行なうと簡単です。切り残しがないように全部の線に切り目を入れましょう。

 

4. 皮と実の間に竹串を入れてむく

焦らず、少しずつゆっくりと


皮と実の間に竹串を差し、実と皮の間にある白い繊維を断ち切りながら、少しずつ丁寧にむいていきましょう。パーツが細かい部分は焦らずゆっくりと。へたとへそは白い繊維が太いので、長めに刃先を出したカッターで切り離して。

 

【初級編 スター】


こっちもかわいい


みかんは万物を生み出す可能性を秘めた、手のひらの上の小宇宙。1個のみかんから、惑星が2つも誕生します。オーナメントやコースターにすれば、あなたも家庭内のスターに!?

 

線の描き方


グレーの部分はヘタの面から側面にかけて描いたときに重複する部分


形は単純ですが、一気にベリッとむこうとすると裂けることもあるので注意。慣れてきたら切り込み角度を浅くしたり、先をとがらせたりして変化させてもおもしろいです。

まずは難易度1のスターから練習して、みかんアートを極めてみませんか?

 

『あたらしいみかんのむきかた』全2巻


出典/『あたらしいみかんのむきかた』全2巻。各巻1,000円(税抜き)小学館ガイドどおりにむくだけで世にもすばらしいみかんアートができる、新感覚の工作絵本。大好きなみかんをもっとすてきにむきたいと願うむきおくん(主人公)と一緒に、あたらしいみかんの皮のむき方を覚えよう!

この記事に共感したら

Information

教えてくれたのは:岡田好弘さん
みかんむきアーティスト。ある日、むき終わったみかんの皮がさそりに見えたのがきっかけで、みかんむきアートに取り組む。本業は牧師で、専門分野は夫婦関係のコーチング。みかんむきを通して人間関係や人生の在り方を説くことも。

撮影=亀畑清隆 取材・文=平川恵


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //