うっすら汚れが気になる! 洗面所をすっきりさせるシンプル掃除術

#くらし 
片づけても片づけても、すぐにごちゃ~


やってもやっても終わらないように思える家事スパイラル。例えば、家族が毎日使う洗面所。きれいにしたはずがいつのまにやらうっすら汚れていて……もうイヤッ!となることが。

シンプルライフ研究家のマキさんは、掃除もシンプルに“ほぼ同じ手順、同じ内容”にして、ストレスをためないようにしているそう。そこで、レベル別にその方法を教えてもらいました。

 

LEVEL 1 すぐにマネできるラクラク1分コース


●こんな人におすすめ

未就学児が複数いる人。毎朝9時前に家を出て、帰宅が夕方5時以降になる人など。「分かっちゃいるけど、家事モチベーションがなかなか上がらないんだもん」という人にもおすすめ。

 

◆石けんで手を洗ったらついでにその手で洗面ボウルも洗う

【写真を見る】石けんがついた手でキュッキュッ!とするだけ


手に石けんをつけてか・ら・の・そのまま洗面ボウル掃除なら、洗剤もスポンジも不要で手間いらず。「しかも手で洗面ボウルに直接触ることで、ビミョーなザラつきや目立たない汚れもしっかり落とせるんですよ」。

 

LEVEL 2 工夫一つで結構イケてる3分コース


●こんな人におすすめ

子どもが小学生以上になって、育児の体力的負担が少し減った人など。「面倒な家事はイヤだけど、そりゃもうちょっと家じゅうを何とかしたいですよ」くらいのテンションの人に。

 

◆タオルで手を拭いたらついでにそのタオルで鏡も拭く

手を拭いたあとに、タオルについた水分を使って…


鏡の汚れをキュキュッと落とす


拭き終わったタオルはそのまま洗濯機にポイッ


手洗いのあと、タオルで手を拭いたときに鏡の汚れが気になったら、そのタオルで洗面台の鏡も拭いて。「タオルが適度にぬれているから、鏡のハネ汚れや曇りもスッキリ」。

 

LEVEL 3 思わずガッツポーズ!見違える5分コース


●こんな人におすすめ

一時期より育児がラクになったと感じている人。「2018年の抱負は“家を片づける”」と誓った人など。夫に「家事苦手だよね~」とかいわれて、「く~っ、見返してやる!」と思っている人にも。

 

◆蛇口は薄いメラミンシートで磨く

軽く拭くだけでピカピカ~


金属の蛇口がピカピカだと、洗面所全体が整って見えるもの。「100円ショップの薄いシート状のメラミンスポンジを使っています。軽く拭くだけで光ります」。

 

◆洗面台の棚の中にシートをスタンバイ

近くに置いておけば、パッと出してすぐ拭ける


●POINT

さっと取ってさっと使えるよう、シートは洗面台の収納にスタンバイ。

レベル1~3をやっても、かかる時間はほんの数分! 自分の手も含めて、その場にあるものでササッときれいにする流れを体で覚えて、洗面所はいつもピカピカに。

この記事に共感したら

Information

教えてくれたのは:マキさん
シンプルライフ研究家。好きなものに囲まれて暮らす自身の生活をつづったブログ「エコナセイカツ」が人気。最新刊は『余分な手間はぜ~んぶカット! しない料理』(扶桑社)。夫と9歳の長女、4歳の次女との4人暮らし。

撮影=小林愛香 編集協力=宇野津暢子


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //