飲むと体脂肪を減らすのを助ける“お茶”がリニューアル 画像(1/5) 体についた脂肪を分解する働きが認められたトクホが登場。

「トクホ」の愛称でおなじみの「特定保健用食品」とは、特定の保健の目的で食した際に、一定の効果が期待できると消費者庁から認可された商品です。

昨年12月、消費者庁は新たにトクホの表示を許可した8商品を発表しました。どんな商品がトクホに認定されたのでしょうか? それぞれの商品で認められた効能とともに見ていきましょう。


“脂肪の分解”に着目したサントリーの特茶

今回トクホとなった商品には、お茶やガム、ビスケットなどが含まれています。中でも注目なのが、4品が許可されたサントリーの「特茶」「ホット特茶」「特茶カフェインゼロ」「特茶カフェインゼロ350」の全4品。2013年10月の発売以来、4年連続トクホ茶NO.1の人気商品ですが、リニュールに伴い、効果はそのままに、新たにトクホの表示許可を受けています。

「伊右衛門 特茶」は、体脂肪が気になる方向けの商品となっています。それまで脂肪が気になる方向けのトクホと言えば、「脂肪の吸収を抑える働き」を持つものが中心でした。しかし、この特茶は、トクホ史上初めて“脂肪の分解”に着目して、“体脂肪を減らすのを助ける”トクホ商品として発売され、人気となっています。

飲むと体脂肪を減らすのを助ける“お茶”がリニューアル 画像(3/5) 商品にも「トクホ」のマークが付いています。

「特茶」に含まれている植物由来の成分「ケルセチン配糖体」は、脂肪分解酵素を活性化させるマメ科 のエンジュという花のつぼみからとれるポリフェノールの一種です。この成分の働きによって、体についた脂肪を減らすのを助けてくれます。

リニューアルした「伊右衛門 特茶」が発売されるのは2月27日(火)から。今まで好評だった香りを改良・強化し、いつでも飲める“おいしい”トクホ緑茶という点もウリの1つとなっています。


骨や歯、お腹の健康に効く新たなトクホ製品

フジッコの「黒豆茶<缶>」は、骨の健康が気になる方に適したトクホ商品です。カルシウム維持に良いとされる、大豆イソフラボンが多く含まれています。松谷化学工業「松谷のミニビスケット」は、高架橋度リン酸架橋でん粉を多く含み、食物繊維を手軽に摂取できます。お腹の調子を整えたい人にピッタリですね!

その他には、肌の乾燥が気になる人に適した顆粒状食品「ディフェンセラ」も、今回新たにトクホ認定を受けました。ポーラ化成工業が持つ技術で、水分を逃しにくくする米胚芽由来のグルコシルセラミドを商品に組み込んでいます。

モンデリーズジャパンからは、CPP-ACP配合の「リカルデントホワイトピーチミントガム」が新たにトクホ認定されました。この商品には、歯の石灰化と耐酸性を増強して、歯を丈夫にしてくれる効果があるそうです。

飲むと体脂肪を減らすのを助ける“お茶”がリニューアル 画像(7/5) 歯を丈夫にするトクホもあるんです。

すでに多くの商品がトクホの表示を許可されている中で、続々と新たな機能を持つ商品も登場しています。これからも、体の各種機能に効く商品が開発されていけば、私たちの生活もますます健康的になりそうですね。


【関連レシピ】緑茶飯

お茶の香りが、口いっぱいに広がります。

飲むと体脂肪を減らすのを助ける“お茶”がリニューアル 画像(12/5) 【関連レシピ】緑茶飯

材料(3~4人分)

米…2カップ(360cc)

煎(せん)茶…2カップ(360cc)

煎茶の葉…大さじ1

青じそ…1枚

<作り方>

1.米は洗ってざるにあけ、30分おいて炊飯器に入れ、冷ました煎茶を加えて普通に炊く。

2.炊き上がったら茶の葉を刻んでざっくりと混ぜる。

3.器に盛り、せん切りした青じそをのせる。