暖房で“砂漠化”しがちな肌の潤いを守るには? 美容家がやってる2つのこと 画像(1/3) 家にいる日はクリームのみ

冬の暖房は肌から恐ろしいほど潤いを奪うって知ってますか? 「大切なのは、乾いたなと思ったらすぐリカバー保湿すること!」と、つるつる卵肌で皮膚科医も絶賛する美容家の深澤亜季さん。

日中はいかに肌を乾かさないか、が大切なポイント。そのために深澤さんがやっていることを教えてもらました!

 

家では基本“すっぴん”です

家にいる日は基本、すっぴん。または下地やBBクリームのみで眉を描く程度。夜クレンジングしなくてよいので、後の肌の潤いがぐっと高まります。乾いた?と思ったら即クリームを塗り足せるのもすっぴんのいいところです。

 

暖房で“砂漠化”しがちな肌の潤いを守るには? 美容家がやってる2つのこと 画像(3/3) 【写真を見る】しっとり感が長時間続く!

ディープモイストクリーム D(R)39g 4,000円(編集部調べ)/アベンヌ

アベンヌ温泉水を高い割合で配合した高保水クリーム。濃厚でリッチな感触で肌にのび、しっとり感が長時間続きます。特に乾燥敏感肌の方に。

 

ファンデにオイルを1滴!


暖房で“砂漠化”しがちな肌の潤いを守るには? 美容家がやってる2つのこと 画像(6/3) ファンデののびがよくなり、乾燥対策にもなる!

肌がつやつやに仕上がるよう、私はリキッドファンデにオイルを1滴混ぜています。ファンデののびがよくなって、乾燥対策にもなり、一石二鳥!

手持ちのオイルがあれば、ぜひ試してみてください。新たに買うならアルガンオイルがおすすめ。砂漠で育つ木から取れる貴重なオイルで、保湿力が高く、エイジングケアや美白効果も期待できます。


肌に負担をかけない“すっぴん”時もちょっとした工夫で乾燥から肌を守れるんですね。基本“毎日メイク”派のワーママは、ファンデ+オイル技を参考に!