ガッサガサの唇を潤いリップに! 美容家が教えるリップパック

#美容・健康 
1. お湯で湿らせたコットンを3~4分唇に挟み込み、乾いた皮をふやかす


空気が乾燥しているこの時期、気になるのはガサガサの唇。美容家はどんなケアをしているのでしょう? 美肌で知られる深澤亜季さんは、リップパックをしているそう。そのやり方をぜひ教えてくださ~い!

 

深澤さんおすすめのリップパック


唇の乾燥が気になるときは、朝食後やランチ後、夜寝る前にリップパックをします。ここでは綿棒を使う方法をご紹介しますが、スクラブと潤い補給が一度にできる商品もあるので、そちらを使うのもおすすめ。

 

1. お湯で湿らせたコットンを3~4分唇に挟み込み、乾いた皮をふやかす

 

2. ふやけて浮いた皮は綿棒で取り除く

【写真を見る】2. ふやけて浮いた皮は綿棒で取り除く


 

3. バームでパック。量はこのくらいたっぷりと

3. バームでパック。量はこのくらいたっぷりと


 

4. バームで唇全体を密閉するように塗る

4. バームで唇全体を密閉するように塗る


 

5. ラップをピタッと張りつけでパックする

5. ラップをピタッと張りつけでパックする


 

使用したリップバームはこちら


100%天然原料で作られたリップバーム


アルジェランバターモイストバームネロリ&オレンジ 648円/マツモトキヨシ

100%天然原料で作られたオーガニック認証のリップバーム。ネロリとオレンジで明るい気分。

カサカサになった皮は、無理にはがさず“ふやかして綿棒でオフ”が正解! どんなにリップクリームを塗っても潤わない~という人は、まずここから始めてみて。

この記事に共感したら

Information

教えてくれたのは:美容家 深澤亜希さん
1977年生まれ。豊富な商品知識とさまざまなスキンケア法の実践経験から、女性たちの心に響くきれいを目指すメッセージを発信中。著書に『白ツヤたまご肌のつくりかたシミのできない魔法の美白ルール40』(三空出版)ほか多数。

撮影=佐藤暢隆 ヘア&メイク=新見千晶(イプシロン) イラスト=藤井晶子 編集協力=柿沼曜子、内田理惠(smile editors) 

【関連サイト】
マツモトキヨシ

 ▼花粉でお悩みの方、必見!シーン別に対策をご紹介します



おすすめ読みもの(PR)